第6話

#5 金さえあればなんて①
183
2021/10/26 14:00
僕は大金持ちの家に生まれきたの








 





執事やメイドに、、いーーっぱい
僕の事を世話してくれる人がいる
執事
チョンロ様…
学校のお時間です
🐬
うーん、すぐ行く
バタバタバタ
















僕はふかふかのベットから飛び降り
眠たい目をこすりながら
身支度をすませた
執事
では、行きましょう
🐬
……うん
はぁ、、、
今日も始まるよ…僕の憂鬱な一日が







 In 学校



















僕は執事の運転する真っ黒な外車から降りて門の前に立った





その瞬間
女子軍
きゃああああああああ!!!!
チョンロ様ぁ!!!!!!!!!!
男子軍
うっチョンロ様…
今日も輝いておられるっ!!!
チョンロ様ぁぁぁ…!!!
🐬
あ、あはっ💦
🐬
みんな、ごきげんよう〜
いちいち絡まれるのが面倒くさいのでとりあえず
愛想笑いをしながら早歩きで校舎内へと進む














まぁ校舎内に入ってもおんなじ感じなんだけどね









まじ同い年とか、年上なくせに"様"付けやめてほしいんだけど












皆、僕が"お金持ちの息子"だからといって
ファンクラブやらなんやら作ってはしゃいでる











そう、"お金持ち"だから


















もし僕が普通の家庭に生まれていたら
こんなにも慕われてなかっただろうしね




















結局皆お金目当てで
仲良くしようと寄ってくるの











だからそんな僕は
今までちゃんとした本物の友達にであったことがなかった











まぁ、、今は














 









🐬
ふぅ…やっと着いたよ
やっと着いた
ここ"1-27"が僕のクラス















ここに着けばもう安心
だって最近転校してきたアイツと話せるから
🧒
おっチョンロ、今日も朝からお疲れだねㅋ
🐬
ほんっとお疲れだよ
🧒
あ、そういえば昨日ホームルームで
今日小テストだって言ってたよね!ㅋ
まぁ俺はいつも通りサボるけどㅋㅋㅋ
🐬
…え
まじ!??
🧒
お、チョンロ王子様がめずらしく忘れてた?
🐬
うるせぇ
🐬
お前まで様付けするなㅋㅋㅋ
🧒
🤪🤪
🐬
ㅋㅋㅋ
…楽しいなぁ


こうやって皆と同じように接してくれるコイツがいると安心して話せる















だけど、さっき本人が言ってたとおり
アイツはサボりなんだよね


 












だから転校してきてから一時間も授業を受けている姿を見たことがない














そして帰りのホームルームになると
戻ってくる





でも、なぜだかいつも元気がない















疲れてるのかな……















まぁ、疲れるよね笑















でもたまには一緒に授業受けたいなぁ…
アイツがいないと人が寄ってきてまた嫌な思いをさせられることあるし、、
それにアイツといると楽しいしね














そう思いながらぼーーっとしていると
いつの間にかホームルームが終わっていた

プリ小説オーディオドラマ