無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話
零子
零子
えっと、着ました、、、
一郎
一郎
そ、そうか
零子
零子
、、、(´-ω-`)))コックリコックリ
零子
零子
、、、!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
一郎
一郎
ハハッ、眠いよな‪w‪w‪w
零子
零子
すみません、、、
一郎
一郎
とりあえず、どこで寝るか、、、
零子
零子
あ、私、、、ソファでいいですよ
一郎
一郎
い、いや!!それはダメだ!!
零子
零子
いいえ!!私はソファで寝ます!!
一郎
一郎
ダメだ!!お客さんだからな!!
零子
零子
、、、
零子
零子
そんだったら私、玄関で寝ます!!
一郎
一郎
?!?!
一郎
一郎
それはもっとダメだ!!
零子
零子
ならいいですよね?(*^^*)
一郎
一郎
う"っ、、、
一郎
一郎
わ、分かった、、、
一郎
一郎
じゃあ、毛布とかはこれを使ってくれ
零子
零子
はい!!ありがとうございます!!
一郎
一郎
自由に使っていいからな
零子
零子
はい!!
、、、
零子
零子
(  -    -   *)ウトウト
二郎
二郎
、、、アンタ、ここで寝るの?
零子
零子
あ、、、はい、、、
二郎
二郎
、、、そっか
二郎
二郎
、、、眠いなら寝ろよ
零子
零子
あ、、、ありがとう、、、ございま、、、
零子
零子
、、、Zzz… _(*´﹃`*_    )_
二郎
二郎
、、、
二郎
二郎
どっかで、、、見た事、、、
――――――――――――――――――――
「翌朝」
零子
零子
、、、ん、、、
零子
零子
\(*´Q`*)/~o○◯
零子
零子
、、、ん?
一郎
一郎
お、起きたか?
零子
零子
あ、はい!!
零子
零子
おはようございます!!
一郎
一郎
おう!!
一郎
一郎
、、、あの、、、手伝って欲しいんだが、、、
零子
零子
あ、はい!!なんでも言ってください!!
一郎
一郎
二郎と三郎を起こしてくれないか?
零子
零子
え、、、あ、はい
、、、
コンコンッ
零子
零子
二郎さん、、、失礼します
キィィィ
二郎
二郎
ZZZzzzz、、、
零子
零子
二郎さん、、、起きて下さい
二郎
二郎
、、、んん、、、あと5分、、、
零子
零子
、、、今日はディビジョンラップバトルですよ?
二郎
二郎
、、、ディビジョン、、、ラップ、、、
二郎
二郎
?!?!
二郎
二郎
そうだ!!早く支度しないと!!
二郎
二郎
って、、、え?
二郎
二郎
な、なんで、、、ここに
零子
零子
一郎さんから二郎さんを起こすのを頼まれました
二郎
二郎
あ、そっか、、、
零子
零子
じゃあ、私は行きますね
二郎
二郎
おう、、、サンキュ、、
、、、
コンコンッ
零子
零子
三郎さん、失礼します
キィィィ
三郎
三郎
は?!
零子
零子
あ、起きてましたか!!
三郎
三郎
ちょ?!何勝手に入って、、、?!
零子
零子
あ、、、すみません!!嫌ですよね
零子
零子
じゃあ私は行きますね!!
パタンッ
三郎
三郎
、、、
三郎
三郎
、、、何だったんだ?