無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話
零子
零子
、、、
二郎
二郎
ほ、ほら、、、元気出せよ
零子
零子
、、、うん
一郎
一郎
、、、大丈夫だ
一郎
一郎
明日はディビジョンラップバトルだから、明日会えるから、このカレー食べろ
零子
零子
、、、ありがとうございます
零子
零子
、、、いただきます
零子
零子
パクッ
零子
零子
ŧ‹”ŧ‹”
零子
零子
、、、これ
零子
零子
お父さんが作ったカレーと同じ味、、、
一郎
一郎
、、、そうか?良かった
零子
零子
、、、何だか、3人が本当のお兄ちゃんみたいです!!
三郎
三郎
はぁ?そんな訳ないだろ?
三郎
三郎
だいたい、顔が似てるだけだろ?
一郎
一郎
おい、三郎!!
零子
零子
あ、いいんです
零子
零子
そんな事分ってますから(*^^*)
零子
零子
、、、ッ
一郎
一郎
どうした?!舌を噛んだか?!
零子
零子
いや、、、違っ
零子
零子
、、、お父さんとまた食べたいなって、グスッ
一郎
一郎
、、、そっか
一郎
一郎
なら沢山食べてお父さんに元気な姿で会いに行こうな!!
零子
零子
、、、はい!!
零子
零子
(。・н・。)ハグッ
一郎
一郎
おっ!!いい食いっぷり!!
零子
零子
、、、あの
一郎
一郎
ん?なんだ?
零子
零子
そんなに見られたら食べれない、、、
一郎
一郎
、、、ハハッ、だよな‪w‪w‪w‪w
一郎
一郎
二郎!!風呂洗っといてくれ!!
二郎
二郎
<わかったよ!!一兄!!
一郎
一郎
さて、俺は皿洗うか
零子
零子
あの、、、私、、、何か手伝う事はないですか?
一郎
一郎
ん〜、、、なら三郎とゲームでもしてくれ
一郎
一郎
さっきからソワソワしてるしな
三郎
三郎
Σ(=ω=;)ギク
零子
零子
え、、、ゲームで、、、いいんですか?
三郎
三郎
、、、まぁ、、、僕はアンタがどれくらい強いか見てみたいし、、、
零子
零子
、、、ならお相手願います!!(●︎´▽︎`●︎)
数分後、、、
三郎
三郎
な、何で、、、
三郎
三郎
何でこんなに強いんだよ!!
零子
零子
、、、強い、、、ですか?
一郎
一郎
三郎に勝つって事は、、、相当強いよな
二郎
二郎
一兄!!お風呂できたよ!!
一郎
一郎
お!!んじゃあ先入っていいぞ!!
零子
零子
え、、、そんな悪いですよ!!
一郎
一郎
いいからいいから!!
零子
零子
、、、じゃあ、、、お言葉に甘えて、、、
、、、
零子
零子
(´,,-ㅿ-,,`)フゥ-
零子
零子
温かい、、、
零子
零子
(  -    -   *)ウトウト
ゴンッ
零子
零子
痛っ?!
一郎
一郎
だ、大丈夫か?!?!
※ドア越しです
零子
零子
は、はい、お恥ずかしい、、、
一郎
一郎
、、、ハハッ、ゆっくりしてってくれ
ガチャン
零子
零子
、、、そろそろのぼせるから出ようかな
チャポン
零子
零子
、、、ん?
零子
零子
、、、ど、どうしよう
零子
零子
服、、、ない、、、
零子
零子
下着はさっきのがあるとして、、、
零子
零子
服は洗濯機に入れちゃった、、、
零子
零子
、、、仕方ない
___________________________________
三郎
三郎
〜〜〜〜だから!!
三郎
三郎
ここはこう進むんだって!!
二郎
二郎
分かんねぇよ!!
零子
零子
あ、あのぉ、、、
Buster Bros!!!
ん?
三郎
三郎
って、、、なんて格好で出てきてるんですか?!/////////
零子
零子
大変お見苦しい事は分かっていますが、、、着替えが無くて、、、
一郎
一郎
と、とにかくバスタオル1枚じゃ寒いだろ!!二郎!!三郎が着れなくなった服持ってこい!!//////////
二郎
二郎
わ、分かった!!/////////