無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
零子
零子
、、、ここ?
零子
零子
、、、でも、そこに萬屋ヤマダって書いてあるし、、、
零子
零子
、、、
ピンポーン
???
はーい
三郎
三郎
ご依頼ですか?
三郎
三郎
って、、、誰も居ない?
三郎
三郎
はぁ、、、なんだよ、、、イタズラか?
零子
零子
、、、あのっ!!下です!!
三郎
三郎
え?、、、一兄目当ての女か?
零子
零子
、、、はい?
三郎
三郎
、、、要件はなんでしょう
零子
零子
、、、えっと、、、お、お父さんとはぐれて、、、
三郎
三郎
、、、中にどうぞ
零子
零子
あ、ありがとう、、、ございます、、、
、、、
零子
零子
、、、暖かい
三郎
三郎
当たり前だろ、1月だから寒いに決まってる
三郎
三郎
、、、何飲む?
零子
零子
あ、大丈夫です!!
三郎
三郎
、、、そうゆう訳にはいかないだろ
零子
零子
、、、じゃ、じゃあ、、、お茶で、、、
三郎
三郎
零子
零子
、、、
コトッ
零子
零子
あ、ありがとうございます
三郎
三郎
、、、で?お父さんはどんな人?
零子
零子
、、、どんな、、、人、、、
零子
零子
、、、難しい
一郎
一郎
ただいま〜
三郎
三郎
あ、一兄!!おかえりなさい!!
二郎
二郎
俺も居るぞ!!
三郎
三郎
ああ、居たの?
二郎
二郎
あ”あ”?
一郎
一郎
ん?お客さんか?
三郎
三郎
あ、聞いて下さいよ、一兄!!
三郎
三郎
この子迷子になったらしいんですけど、お父さんの見た目全然言わないんですよ?!
零子
零子
、、、難しいんですもん
一郎
一郎
、、、迷子になったって事は、、、ここら辺来たことないのか?
零子
零子
あ、はい
零子
零子
確か、、、ディビジョン、、、ラップバトル?
零子
零子
で戦う為に来た、、、らしいです
二郎
二郎
マジで?!
一郎
一郎
ならディビジョン名で分かるな
零子
零子
、、、あ!!確か、、、Buster Bros!!!、?
零子
零子
と戦うって言ってました!!
一郎
一郎
マジか?!
零子
零子
、、、ん?、、、ああ!!
零子
零子
まさか、、、Buster Bros!!!、、、?
一郎
一郎
そうだ!!
零子
零子
私と似てる人達!!
二郎
二郎
似てる?
零子
零子
ほら!!
カラコンを取る
二郎
二郎
うぉっ?!
零子
零子
私もオッドアイなの!!
三郎
三郎
、、、ホントだ
三郎
三郎
僕達とそっくりですね
一郎
一郎
そんなことより、この子はどついたれ本舗の誰かの娘って事になるな
三郎
三郎
、、、君
零子
零子
ん?
三郎
三郎
1 漫才師
三郎
三郎
2 元漫才師、教師
三郎
三郎
3 オッサン
三郎
三郎
君のお父さんは誰?
零子
零子
、、、多分、、、3?
三郎
三郎
よしっ、決まり
三郎
三郎
この子の父親は天谷奴零です
一郎
一郎
あまやど、、、
一郎
一郎
どんな奴なんだ?
三郎
三郎
えっと、、、今調べますね
一郎
一郎
あ、いや、いいんだ、
一郎
一郎
今度会えるしな
一郎
一郎
ありがとな、三郎(*^^*)
三郎
三郎
い、いえ!!
二郎
二郎
(⑉・̆н・̆⑉)ムー
零子
零子
、、、(私はどうすればいいのだろうか)