無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12話
わたし
ただいまー
えみちゃん
ただいまー!
施設に戻ってきた
今日は二学期初日ということで4時間授業だった
クラスのみんなに挨拶して席に座った
えみちゃん曰く”うちらのクラスいい人ばっかだから”とのことで……
初日はあんまりみんなと話せなかったけど明日から話せたらいいな
そうそう明日から給食も始まるらしい
ゆかこさん
おかえりなさいふたりとも!
ゆかこさん
そうだ!ふたりに渡さないといけないものが……
取り出したのは……
スマートフォンだった
わたし
!?
えみちゃん
!?
ゆかこさん
めっちゃびっくりするじゃん笑
なんかね中高生には配るんだって
県の方針で?
授業とかでも使うみたいだし…
施設でも買わないとねぇって
明日から学校もっていっていいからね!
……これでバレス族についてラウラ国について調べられる?
調べたら帰れるかな
……だめだまだ誰にも言ってない
私とコウがバレス族だということを
えみちゃん
やったね!!サラちゃん!!
わたし
うん!笑
その後ゆかこさんはスマホの使い方を教えてくれた
わたしは使ったことあるけどえみちゃんはないみたいですごく手こずっていた
WiFiなんかもきちんと整備してくれてて本当にありがたい
ゆかこさん
あ!使いすぎは注意だよ??
そう言って部屋返してくれた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンコンコン
えみちゃん
失礼します!
えみちゃんが私の部屋にきた
わたし
どうぞ!
えみちゃん
ねえねえサラちゃん!LINEしよ??
わたし
……?LINE?
LINEとはアプリの一種らしい
メッセージを送ることや通話が出来るみたいだ
わたしもLINEをインストールして
初めてのLINE友だちに”笑夏”を追加した
えみちゃんは色んなアプリを知っていて
Instagram
Twitter
YouTube
全部教えてもらった
ここら辺のアプリ入れときゃどうにかなる!
と胸を張っていた
とりあえず4つのアプリを入れて
アカウントを作っていたら
夕食の時間になってしまった
そこからはいつもバタバタなのでその日スマホの使用時間終了した
11時にはやめるという約束をしたから