第8話

.
あなた
マホトくん!ご飯できたよ!
マホト
マホト
まじでやったぁ!
あなた
はいどうぞ
マホト
マホト
うわぁ美味そう!
あなた
ともやー!千葉ちゃん!小柳!にっち!
ともやん
ともやん
美味そう
千葉
千葉
うわぁ!美味しそう♡
小柳
小柳
オムライスじゃん
にっち
にっち
俺の量多い!
あなた
オムライスに名前書いてあるからわかり安いでしょw
小柳
小柳
なんで本名なんw
あなた
いいでしょw
オムライスを食べて片付けをしたらもう帰る時間
あなた
帰りたくない…
マホト
マホト
ゴメンな仕事があって行かないと行けないから…
あなた
ううん、また来るね!
マホト
マホト
おう!
マホト
マホト
じゃあな
あなた
バイバイ!
そう言うとあなたは悲しそうに家を出ていく

あぁ、なんだろうこの気持ち。。
マホト
マホト
これが恋なのかな…
恋       か……




千葉ちゃんの家に到着!
小柳
小柳
よーし!何する?
あなた
公園行きたい!
にっち
にっち
何すんの?w
あなた
えー、、、キャッチボール?
千葉
千葉
あははw確かにいいかもw
あなた
体動かさないと!
あなた
ってことでともやブローグかして!
ともやん
ともやん
グローブなw
あなた
貸して!
ともやん
ともやん
えー
あなた
あーあ、としくんは貸してくれたのにな…
小柳
小柳
ほら貸してやれよw
にっち
にっち
千葉かあなたか
ともやん
ともやん
それはあなたに貸すでしょw
あなた
やったぁ!
千葉
千葉
俺にも貸してよぉ
ともやん
ともやん
千葉は指のところおるからダメ
詳しくは夕闇のサブチャンで!
あなた
んへへっ
ともやん
ともやん
なんかキモイ
あなた
そんなこと言うなよっ!
小柳
小柳
サブチャンで〜す
ともやん
ともやん
撮るなよ!
小柳
小柳
今の状況を説明してください千葉さん
千葉
千葉
えーとですね、さっき公園でキャッチボールをしようってなって公園に向かってるんですけど
ずっとあなたがともやんにくっついてるんですよ
にっち
にっち
カップルかっ!
小柳
小柳
イチャイチャ警察でちゃうよ?
あなた
えへへ〜
小柳
小柳
うわぁ
にっち
にっち
今度はこやにベタベタし始めたしw
あなた
こやぁ〜
小柳
小柳
なんだよw
あなた
なんでもないっ!
にっち
にっち
なんかこやとあなたは兄妹見たいw
小柳
小柳
はい公園に着きました
あなた
よしっ!投げるぞ〜!
あなた
こやぁ!
小柳
小柳
えぇ!俺!?
バシッ
小柳
小柳
うぉ痛てぇ
小柳
小柳
あなたって野球好きだっけ?
あなた
好きっちゃ好き
にっち
にっち
サッカーと野球はどっちが好き?
あなた
えぇ…
あなた
べつにどっちが好きとか無いなぁ
ともやん
ともやん
強いて言うなら?
あなた
野球かな…
ともやん
ともやん
(ガッツポーズをする)
小柳
小柳
いやなんの勝負w
あなた
こやぁ!ボール!
小柳
小柳
はぁ⤴︎︎︎︎︎い!
あなた
(キャッチ)じゃあ次千葉ちゃん!
千葉
千葉
キャッチ!
千葉
千葉
にっち!
にっち
にっち
(キャッチ)よし!ともやん!
ともやん
ともやん
(キャッチ)あなた!
あなた
(キャッチ)
え…今、私もしかして








ともやにドキッとした?








いや、ないか
あなた
にっち!
にっち
にっち
(キャッチ)千葉!
千葉
千葉
(キャッチ)
私はすぐににっちにわたした
ともやの方を見ると目が合った
恥ずかしくて目を逸らしてしまった。




また見ると悲しそうな顔をしてる
いじけてるような仕草もしたりしてて可愛いと思ってしまう。




これって恋なのかな
千葉
千葉
あなた!
私の名前を呼ぶ声がして急いで前を向くと千葉ちゃんが投げたボールがこっちに飛んでくる


やばい


そう思い目を瞑る



あれ?痛く…ない
目を開けるとともやがボールをキャッチしていた。
ともやん
ともやん
あぶねぇ…
小柳
小柳
よかった。。。
千葉
千葉
ごめん
あなた
いや、私がぼーっとしてたのが悪いし…
にっち
にっち
まぁ怪我なくてよかった。
あなた
ともやごめんね
ともやん
ともやん
こういう時はごめんねじゃなくてありがとうな!
あなた
うん!ありがとう
ともやん
ともやん
へへっ
あっ、やばい…恋かも。。









そのあとは千葉ちゃんの家に戻って千葉ちゃんの家でみんなでご飯を食べることになった。

お料理係はにっちと私。

食べ終わったら夜遅いのでともやが送ってくれるということになった。
あなた
じゃあまたね!
千葉
千葉
バイバイ!
小柳
小柳
んじゃあまた撮影の時!
にっち
にっち
バイバイ
ともやん
ともやん
またね。
小柳
小柳
じゃあ俺はにっちと帰るか!
にっち
にっち
うん
あなた
じゃあともやよろしくね
ともやん
ともやん
おう
あなた
みんなバイバイ!
小柳
小柳
バイバイ
にっち
にっち
またね〜
あなた
よしっ!じゃあお願いします。
ともやん
ともやん
うん
ともやん
ともやん
寝てもいいよ
あなた
いいよ1000円払わないといけないしw
ともやん
ともやん
払わなくてもいいよ。
あなた
でも決めた事だしみんなは払ってるから
ともやん
ともやん
わかった。
ともやんside
あなたはいつも決まり事をしっかりと守る。

大丈夫だって言ってもほかのメンバーはちゃんとやってるのに私だけやらないのはシャバイじゃん?って
あなた
ふぁー
ともやん
ともやん
眠いの?
あなた
いや…
ともやん
ともやん
ガソリン代を全負担だぞ〜
あなた
うん
あなた
1000円
そう言って財布を探してる
あなた
あっ、財布ない。
ともやん
ともやん
千葉の家?
あなた
いやシンプルに家に忘れたかも…
ともやん
ともやん
まぁしょうがないから今回だけは許そう。
あなた
ありがと
あなた
ともやの車ってなんか居心地いいんだよね。
ともやん
ともやん
それはよかった。
あなた
んー
あなたはそのまま眠ってしまった。




あなたの家に着いたけどあなたはまだ寝ている。

気持ちよさそうにしてるから起こすのにも気が引ける






俺は寝ているあなたをインスタのストーリーにあげてから自宅に車を走らせた



自宅に着いても寝ているあなたをお姫様抱っこして家に入る