無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

442
2021/07/29

第2話

2 無意味な説得








(なまえ)
あなた
私、家出します。










五条悟
五条悟
は、?




_____












五条悟
五条悟
あなたお前何言って、!?
  


(なまえ)
あなた
先程の言葉通りです、お兄様。



五条悟
五条悟
嘘だろ、?






(なまえ)
あなた
冗談でこのような事は言いません。私のこの家での扱い。よく知っているでしょう?





五条悟
五条悟
ッ…あぁ、知ってる。




(なまえ)
あなた
私は居ない方がいいのです。
(なまえ)
あなた
それでは、

スタ、たっ、たっ


五条悟
五条悟
待って、あなた!






ピタッ





(なまえ)
あなた
なんでしょう?お兄様。




五条悟
五条悟
俺が、何とかする。だから家出はするな



(なまえ)
あなた
何とかする、ですか。






五条悟
五条悟
あぁ、だからやめy…(((お兄様に





(なまえ)
あなた
お兄様に、一体何が出来ると言うのですか?
 

(なまえ)
あなた
何とかする?




(なまえ)
あなた
なんともまぁ無責任な発言


(なまえ)
あなた
所詮、偉い所に生まれただけのお坊ちゃまに一体何ができると?




(なまえ)
あなた
ただ無意味な説得を続けること。それだけですよ。



五条悟
五条悟
……




(なまえ)
あなた
私を止めようとしても無駄です。
(なまえ)
あなた
私は、家出のための準備をしたら今日中には出ていきます。
(なまえ)
あなた
私が出ていった後、お父様とお母様にお伝えください。








(なまえ)
あなた
"あなたは家出したと"






五条悟
五条悟
……分かった。







_________







五条悟
五条悟
気を付けろよ
(なまえ)
あなた
はい。それでは最後に、







(なまえ)
あなた
行ってきます!お兄ちゃん!  ニコッ





五条悟
五条悟
…!




























next