無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

📚
ソクジン
ソクジン
と、とりあえずご飯食べよっか






💣『いただきます、』













🌻『い、いただきます』












ジンさんが作ってくれたご飯を食べる












🌻『、、美味しいです!』











ジョングク
ジョングク
ひょんのご飯が美味しいのは当たり前じゃん
テヒョン
テヒョン
(たまにごま油多いけど)
ソクジン
ソクジン
ん?テヒョナなんか言った?
テヒョン
テヒョン
わー、なんでもないです!









ご飯の時も皆さん楽しそうで仲良いんだな〜って実感した












なんだか私は邪魔しちゃいけないような気がして早く食べる











🌻『ごちそうさまでした。』











ソクジン
ソクジン
え。もういいの、、?
ナムジュン
ナムジュン
全然食べてないじゃん










🌻『はい。ダイエット中なので!ㅎ』











ホソク
ホソク
え。充分細いけど、?
ユンギ
ユンギ
倒れるぞ

🌻『大丈夫です!』






🌻『これでも風邪は引かない方です!』















🌻『じゃあ私仕事の支度してきます!』










私は食卓から立ち去って自分の部屋に