無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

📚
車の中












私は助手席に










メンバーさんは後部座席に
















🌻『よろしくお願いします。』





運転手さんに挨拶する


















運転手「よろしくね〜」

運転手「僕はマネージャーだよ〜」















🌻『はい』





韓国のアイドルはマネージャーさんが

運転するんだすご











なんて考えてると




















.
テヒョン
テヒョン
ねぇ
テヒョン
テヒョン
通訳さんって名前なんだっけ??








と騒がしかった後部座席から声掛けられました













🌻『あ。あなたって言います』


















その瞬間

シーンとする車内









え。なんか変なこと言った?

名前名乗っただけなんですけど、、



















.
ジョングク
ジョングク
もしかして…
ジョングク
ジョングク
日本人だったり…
ジョングク
ジョングク
する??


















🌻『…はい?』



















💣『まじか…』


















え。まじかって何が、、?











🌻『(えーっと)』

🌻『なんでですか?』



















ジョングク
ジョングク
いや
ジョングク
ジョングク
なんでもないよ〜










そこで会話は途切れ

宿舎到着