無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

📚
一方その頃のあなたちゃんは…










🌻『あー。やっぱり寒いなあ〜』





















🌻『確か近くにコンビニがあったはず…』

🌻『飲み物買いに行こ〜!』







ホットコーヒーを買ってまたベンチに戻ってきます












コーヒーを飲みながらボーっとしたり



















スマホをいじったりしながら過ごしてると












🌻『げ。あとちょっとで1時間じゃん』

🌻『まだかな〜』















なんて考えてると













?『ねえねえ。1人?』














話しかけられました