無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

📚
突然泣きしてしまった私にびっくりしている










ユンギ
ユンギ
だ、大丈夫か??





🌻『すみません…グスッ』

🌻『大丈夫です…ズビ』













ユンギ
ユンギ
無理すんな











そう言って私の背中をさすってくれる











優しい人だな〜ㅠㅠ










🌻『ありがとうございますグスッ』



























.
🌻『そういえば名前聞いていいですか...?』



















ユンギ
ユンギ
...ユンギ








🌻『ユンギさん...
ほんとにありがとうございますㅠㅠ』






ユンギ
ユンギ
ちょ
ユンギ
ユンギ
とにかく家入ろう



















🌻『...はい....グスッ』














家に入ると皆さんびっくりしていますㅎㅎ
















ナムジュン
ナムジュン
え。どうしたんですか...?



























🌻『えっと....』
























なんて話せばいいかわかんなくて

ユンギさんを見ると目が合った




















ユンギ
ユンギ
俺が話すよ
ユンギ
ユンギ
あなたはもう遅いから寝な









🌻『はい...ありがとうございます』

🌻『おやすみなさい...です』

ペコリ🙇🏻‍♀️








そう言って部屋に行き

ベットにイン



疲れてたのかすぐ眠りにつきました