無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

📚
💣said



あなたが部屋に戻っても僕達は食事を続けた








.
ジョングク
ジョングク
ジニヒョンが朝ごはん作ったのは意外でした
ホソク
ホソク
反日なおったとか?
ソクジン
ソクジン
いや、なんかあの仕事の量見たら、、
ナムジュン
ナムジュン
確かにあれは多いですねㅋㅋ
ジミン
ジミン
てかあなた鈍感すぎない!?ㅋ










みんなそれは思っていたみたいで、確かにって頷いている












テヒョン
テヒョン
嫌味言ってもほんとに通用しませんよね、























.
ジミン
ジミン
調子狂うな〜
ソクジン
ソクジン
なんかいじめにくいしね、
ホソク
ホソク
いい子ですし、、

















皆でどうしたものかと頭をひねる















ジョングク
ジョングク
とりあえず様子見ってことでいいんじゃないんですか?
ホソク
ホソク
だね〜
ジミン
ジミン
悪いとこ見えてきたらいじめちゃえばいいんだしㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
ジミナこわ〜ㅋㅋ
ナムジュン
ナムジュン
じゃあそれまでは優しくしますか?
ユンギ
ユンギ
それでいんじゃね
ソクジン
ソクジン
僕も優しくでいいと思う
ホソク
ホソク
じゃあてことで後片付けしましょ










僕達は朝ごはんを食べ終え後片付けをする