無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

📚
ジョングク
ジョングク
ちょっと待ってて







え。ちょっとってどのくらいだろう













バスの時間やばいんだけどな、、












そんなことを考えてると頭上からため息が












ジョングク
ジョングク
はぁー。3分くらい、、
ジョングク
ジョングク
待ってて、!








え。なんでいきなり、?













ジョングク
ジョングク
さっきの声出てた、、
ジョングク
ジョングク
じゃあ待ってて












ジョングクさんはそういうと不機嫌そうに部屋に戻って行った












仕方がなく玄関で大人しく待ってる














3分後____












ジョングクさんが戻ってきた











ジョングク
ジョングク
行くよ。









🌻『あの、、どこに?』












ジョングク
ジョングク
いいから着いてきて









仕方がなくジョングクさんについて行くと車に乗るジョングクさん












ジョングク
ジョングク
早く乗って、?









🌻『は、はい、、』














とりあえず車に乗る















これはどういう状況ですか、!?