無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

📚
仕事開始から1時間___

















あー。あと少しでお昼だ〜












ピコン📱








スマホを見るとマネージャーさんから連絡が









「📱午後の練習はあなたさん来ても来なくてもいいんですが」







「📱仕事の量が多いならそちら優先で大丈夫です」







「📱どうしますか?」














仕事優先にしてもらえるとか嬉しすぎる!!












🌻『📱結構仕事の量あるのでこっち優先でお願いします』






🌻『📱すみません、、』











「📱大丈夫ですよ〜」








「📱それじゃあ仕事頑張ってください」












🌻『📱ありがとうございます!頑張ります!!』















なんて優しいマネージャーさんなんだろうㅠㅠ













もう仕事頑張っちゃう!←いや誰。ㅋ