無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

📚
黙々と仕事を続ける











日が暮れて月が見え始める頃時刻はもう7時


















🌻『あーやっと半分、、』









🌻『あとは家でやるか、、』













大きく伸びをして椅子から立ち上がる











帰る準備をしてスタッフに挨拶をしてテレビ局を出る















そういえばバスもう時間ないよな〜













しょうがない散歩がてら歩いて帰るぞ〜おー!













夜だからもう真っ暗












ちょっと怖くなり早歩き











だって私お化けとか苦手系なんですもん!










必死に歩いてると











トコトコ










後ろから足音がして人がいてよかった〜






なんて思ってるけどずっと着いてくる足音















少しまた怖くなって早歩き












タッタッタッ













やっぱりついてくる〜ㅠㅠ












どうしよう、、

















誰か助けてください、、


















なんて思いながら必死に歩くと













前から1台の車が来て私の横に止まる















?
こんなとこでなにやってるんですか?