無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

📚
いい匂いがして目が覚める












目の前にはジョングクさんの整った顔がありました←










ジョングク
ジョングク
(あ。起きた)
ジョングク
ジョングク
ひょーん。あなた起きました〜







これはどういう状況、、?











ジョングク
ジョングク
何ぼけーっとしてるの
ジョングク
ジョングク
ひょんが朝ごはん作ってくれたんだから早く行くよ









朝、、ごはん、、、










🌻『、、はい、』











今日はなんだか頭が働かないな←












ソクジン
ソクジン
おはよう










🌻『おはようございます、、』




🌻『朝ごはんありがとうございます、』





🌻『作るって言ったのにすみません、、』














ソクジン
ソクジン
大丈夫だよ〜
ソクジン
ソクジン
昨日遅くまで仕事だったでしょ?









🌻『、、はい』






🌻『明日からは私が作りますね、!』











テヒョン
テヒョン
えー僕ひょんのご飯がいい
ジミン
ジミン
僕もー










う。やっぱりこんなど素人のご飯は嫌だよね










🌻『なるべく美味しくできるように頑張ります!』














💣『(、、え、そこ、!?)』