無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

📚
仕事の支度がだいたい終わったから下に行くとメンバーさん達が後片付けをしていた














や、やばい、、!











🌻『変わります!』





🌻『こういう雑用?は私の仕事なので!』










ソクジン
ソクジン
いや大丈夫だよ
ソクジン
ソクジン
僕の仕事だし












🌻『ご馳走になったので変わります!』










ジンさんはなかなか譲ってくれない













ソクジン
ソクジン
うーん












.
ソクジン
ソクジン
じゃあ一緒にやるのはどう、?ㅎ









正直それはお礼に入るのか納得出来ないけどジンさんがそう言うならいっか!














🌻『じゃあそうします!』











2人で食器とかを片付け始める












2人でやったから意外とすぐ終わった












少しだけどジンさんと色々話すことが出来た

















ソクジン
ソクジン
あ。出来たらでいいんだけどさ
ソクジン
ソクジン
オッパ呼びして欲しいな〜なんてㅋㅋ












🌻『いいですよ!』






🌻『これからジンオッパって呼びますねㅎ』













ソクジン
ソクジン
ほんと、!ありがとう〜
ソクジン
ソクジン
(笑顔可愛すぎ、、///)










少しだけジンオッパと仲良くなれてよかった