第3話

🌸
442
2024/02/05 12:47







重岡視点


2年の春、桜がひらひらまう時期。
 「 始業式だるいなぁ、 」 なんて思いながら、
神ちゃんと一緒に体育館に行っていると、


 淳 太
淳 太
こっち、?あれ、ちがう、?
うわぁぁ、迷ってもうたかも、


なんか背ぇ高いやつ、新しい教師か?
迷うとか、可哀想やなぁ、助ける……か、


 大 毅
大 毅
あのぉ〜、どうかしました?
 淳 太
淳 太
あー、えっと、迷っ、てもーて、
 淳 太
淳 太
体育館、ってどっちですかね、?
 大 毅
大 毅
俺らも行くんで、一緒に行きましょ。
 淳 太
淳 太
ありがとうございます!、



んで、体育館に行く途中、
名前とか、趣味とか、前の学校の話とか、
俺も神ちゃんもすっごい淳太と息が合って、
色んな話が出来て、楽しかった。
呼び捨てで呼んだら怒られたけど。




中間視点


最悪や、最悪や、!
朝から道に迷ってしまった、


 淳 太
淳 太
こっち、?あれ、ちがう、?
うわぁぁ、迷ってもうたかも、



今日1日着いてくれるはずだった、
桐山先生はどっか行ってもうたし…、
あー!!もう!!どうすればええん!?!


 大 毅
大 毅
あのぉ〜、どうかしました?
 淳 太
淳 太
あー、えっと、迷っ、てもーて、
 淳 太
淳 太
体育館、ってどっちですかね、?
 大 毅
大 毅
俺らも行くんで、一緒に行きましょ。
 淳 太
淳 太
ありがとうございます、!



ここの生徒か、めちゃめちゃ優しいやん!!
俺はええ学校に来れたなぁ!





重岡視点


なっっっがい、なっっっがい校長の話を聞いて、
 「 新任の紹介 」 みたいなんが始まった。
ゆーて新任は 5 、 6 人?、ぐらい。
んで、そん中にはさっき話してた淳太が居った。


 淳 太
淳 太
2年の英語を担当します。中間淳太です。
先程、道に迷ってたとき、ここの生徒に
助けてもらって、優しいと思いました。
 淳 太
淳 太
こんな素晴らしい高校に来れて
僕はとても嬉しいです。
こんな僕ですけれど、
よろしくお願いします!!



うぇ、??さっきの俺らのことやん…、


 智 洋
智 洋
助けといてよかったな。



なんて後ろから言うかみちゃん。


 大 毅
大 毅
おん…、



仲良くなれるといいなぁ。いい人っぽいし。






プリ小説オーディオドラマ