無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

キドラとの対面


あなたは周りの賑やかさで目が覚めた。



You
You
ん?(どこだここ?)
キドラ
キドラ
おー、お嬢ちゃんのお目覚めだ‪w
You
You
(あー、確か電気ビリビリってするやつやられたんだっけか。)
You
You
どこだここ。
キドラ
キドラ
俺らのすみか。
You
You
ふーん、ここでレッドラムを作ってるって訳か。
キドラ
キドラ
おん、‪w
You
You
それで?
うちをさらって、殺して口封じをさせるって?‪w
キドラ
キドラ
さすが鬼邪高のNo.2‪w
感がいいな‪w
You
You
関係ねーだろ。
キドラ
キドラ
もう勘づいてるから話は早いな‪w
……やれ。


キドラ達はいっせいにかかってきた。
だが、あなたはその拳をつかみ、かわした。


ようやく……あと1人………。



だが、まだあなたは知らなかった。
「キドラのボス」がSWORDの誰でも勝てないほどの強さを持つ人だとは……。
You
You
ハァハァ……あと1人…おまえだ。
おらぁ!バコーン!👊👊👊
キドラ
キドラ
……………。
You
You
っしゃー!
早速レッドラムの回収っと……。




その途端、あなたは飛ばされ、
机にたたきつけられた。


キドラの気絶はふりだった。
キドラ
キドラ
フッ…ここで終わると思ったか。‪w
You
You
っ、くそ、‪w



キドラは鎖を巻いた金属バットをもち、
あなたに向かってきた。


You
You
どこまで卑怯なんだ‪w
キドラ
キドラ
笑ってられんのも今のうちだぞお嬢ちゃん。
手加減はしねぇぜ‪w
You
You
もちろんだ。
ぶっ殺されてぇのか。
かかってこいよ。
(ごめんコブラちゃん!少し言葉借りた‪w)



20分後………



キドラ
キドラ
終わりだと思ったか?‪wまだだ‪w
おい!あれ持ってこい!
キドラの仲間
キドラの仲間
うっす。



そういうと、周りからぞろぞろ出てきた。

手には……赤色の丸いもの。

そう、レッドラム…。



ガコン!



くそ。油断してた…


あなたは後ろからバットで殴られた。



You
You
っ…………。
 

フラフラになっているうちに縄で縛られた。


キドラ
キドラ
油断しちゃだめでしょお嬢ちゃん‪w
……飲ませろ。薄いヤツ‪。2粒。
キドラの仲間
キドラの仲間
うっす。‪w
You
You
2粒……?!薄いヤツは2粒でも強力すぎる…(やだ!絶対飲みたくない!)



最後の1発を食らわし、あなたを気絶させた。


キドラ
キドラ
やっぱり、3粒がいいw
You
You
…………。
(ごめん…SWORDのみんな…………。)
キドラ
キドラ
大人しくしないからこうなるんだろ‪w
そこら辺に放っておけ。‪w
キドラの仲間
キドラの仲間
分かりやした‪w
鬼邪高のヤツら、どう思うだろうな‪w



SWORDの誰でもいい……
お願い!助けて!