無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

辛いよ………。


頭を冷やしに屋上へ行った。



ちょうど過保護も外れた事だし



楓士雄とタイマンの約束してたし。



You
You
スッキリしてくるか。





屋上に着いた。


どんな表情をして入ればいいんだろ。


まぁ、いいや。普通に。普通に行こ。




🚪ガチャ




You
You
よー、眠れる獅子ちゃん!
高城 司
高城 司
んだよ。また来たのかよ。
You
You
そんなこと言わずにさぁー!
楓士雄とタイマンしに来たのー!
楓士雄どこー?
高城 司
高城 司
ここでやるなよ。
俺がゆっくりしてんだからよ。
You
You
やだ。んで、どこ?
高城 司
高城 司
はぁ、自販機行った。
もうすぐ帰ってくる
You
You
ふーん。じゃぁ、ここで待ってるー。
高城 司
高城 司
静かにしてろよ?
You
You
あいよー。
高城 司
高城 司
……………。
You
You
…………………。




気まず………何この沈黙…………。

楓士雄早く来てよー!



高城 司
高城 司
………なんかあったのか。
You
You
へ?!




なんと、なんと!
珍しく眠れる獅子ちゃんから話しかけてきた?!





高城 司
高城 司
だってお前、自分からタイマンしたいって言わないから。
You
You
なんもないよ笑
高城 司
高城 司
じゃぁ、なんで泣いてんだよ。
You
You
へ?



気づかなかった、、。

今なら………眠れる獅子ちゃんに甘えても、


いいよね。





高城 司
高城 司
なんで泣いてんだよ。
さらに気まずくなるだろ。
なんかあったんだろ?
You
You
………うん。
You
You
聞いて………くれる………?
高城 司
高城 司
……おう。
You
You
あのね、
……村山さんと喧嘩した。
高城 司
高城 司
えっ?!あの村山とか…?
You
You
うん。
会議で喧嘩しに行くことになったみたいで、
うちも行くって言ったら、いつもどうりダメって………。
もう耐えられなくて!
うちが過保護には耐えられないって言ったの。
You
You
そしたら……グスッ。
そしたらっ………
高城 司
高城 司
ゆっくりでいいぞ。




あれ?こんなに優しい人だっけ?



You
You
ありがと………。
そしたら、村山さんに殴られて。
うちが悪いのはわかってるし、
殴られることもわかってる。
…………それで、頭冷やしに来たの。
高城 司
高城 司
頭失格だな。
あなたを殴るとかありえねー。
You
You
えっ……?
………いつからそんなに優しくなったの‪w
高城 司
高城 司
悩みを聞いてやってんだよ////
優しくなんかねーし。
You
You
へぇーー( Ꙭ  )
高城 司
高城 司
……なんだよ。
もう相談乗ってやんねー!
You
You
えーー!ごめんー!
高城 司
高城 司
やだー!( ´-ω- )フッ
You
You
あ!笑った!
高城 司
高城 司
笑ってねーし‪w
You
You
今も笑ってんじゃん!
高城 司
高城 司
いや、お前にも悩みがあんだなーって。
You
You
あるわ!
そうこう話してるうちに
楓士雄が来た
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
おー!!!!
あなただーー!
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
2人で何してんだよ!
高城 司
高城 司
あなたがタイマンしたいんだと。
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
お!やるか!
You
You
やろ!
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
その前に……村山は?いいのか?
You
You
……いいの。




いいよね……。