無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

2度目の九龍🐲🐲🐲


私たちは、ラスボスを倒すため
もう一度九龍を訪れた。


前回と同じように


コブラ達、達磨一家、鬼邪高が集まった。

達磨一家のアイコン出たことないのは気にしないでね💦
You
You
…2度目の九龍
村山良樹
村山良樹
そうだな。
コブラ
コブラ
……死ぬなよ。
村山良樹
村山良樹
わかってる。
日向
日向
いくか。
俺初めてなんだけど。ここに出てくるの。
You
You
あ、日向ひゅーがちゃん。
いたの?
日向
日向
ひどー。いたよ!
轟ちゃん
轟ちゃん
行くぞ。
村山良樹
村山良樹
うし。

スーッ

行くぞてめぇーらぁーーーー!
関ちゃん
関ちゃん
おーーーー!
古屋
古屋
おーーーー!
コブラ
コブラ
ぶっ殺す。




みんなは扉を開けて中に入っていった。



次々とくるガードマンを殴り倒し


ついに、社長室までたどり着いた。



バーーーン!🚪
九龍達
九龍達
なんだ、またお前らか。
村山良樹
村山良樹
鬼邪高燃やしたのあんただな。
きっちり頭を下げさせてもらうぜ。
九龍達
九龍達
あぁ?
お前らに誰が下げるか。
You
You
あんたら、達磨一家もコブラちゃんとこも燃やしたみたいだね。
何してくれてんだよ。
九龍達
九龍達
ここがお前のなんだ。
You
You
いばしy……
九龍達
九龍達
居場所か?
そんなもんねーんだ。
いや、もう無くなるんだ。‪w‪w
今からな。
轟ちゃん
轟ちゃん
どういうことだ。
村山良樹
村山良樹
元からあなたの居場所はここなんだよ。
頭狂ったか。
九龍達
九龍達
誰に向かってそんな口を?!
九龍達
九龍達
知らないのか。
あなたは犯罪者をかばい、しかも、好意を持ってた。
関ちゃん
関ちゃん
古屋
古屋
日向
日向
それがどーした。
九龍達
九龍達
あなたが鬼邪高校に入った本当の意味を知ってるか。
コブラ
コブラ
本当の意味?
You
You
んなもんねーよ。
うちはただチョココブラちゃんに紹介されて入った。
それだけだよ。
九龍達
九龍達
はっはっはっはっは!!!!
村山良樹
村山良樹
何がおかしいんだよ。
九龍達
九龍達
誰も知らないなら落とし甲斐がある‪w‪w
あなたが入った本当の理由はな、
……轟、お前だ。
轟ちゃん
轟ちゃん
あ?
You
You
違う!
村山良樹
村山良樹
あなたが違うって言ったら違うだろ。
もういいだろ。
あと、俺あなたと付き合ってるから!
九龍達
九龍達
はっはっは、そうか?
じゃぁ、そこの村山の付き人。
関ちゃん
関ちゃん
おれ?
古屋
古屋
なんだよ。
九龍達
九龍達
スマホの写真フォルダ、
村山に見せてみろ。
古屋
古屋
なんでだよ
日向
日向
こんなの今やって何になるんだよ。
やるやらさっさとやって帰ろうぜ。
九龍達
九龍達
お前には関係ない。
おい!お前ら!
あなたと付き人以外捕まえとけ!
九龍達
九龍達
分かりました。




あっという間に鎖に結ばれた
コブラ、達磨一家、村山、轟。


You
You
みんな!!!!








これからみんなとの関係が崩れていくの……?


そんなのやだよ。


うちが何したって言うの?


お願いだから………。やめて……。