無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

楓士雄とのタイマン


モヤモヤしてるから………

暴走して止められなくなるけどいいや。



ごめんね楓士雄。


今は、全部全部、忘れたいんだ。




花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
いつでもいいぞ!!
You
You
そっちから来いよ。
高城 司
高城 司
(この感じ、あなたは誰にも止められねーな。)



10分後…………





花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
ハァ…やっぱつえーな!
さすがあなた………っ!
You
You
…………バシッ!
………バコッ!
高城 司
高城 司
今のあなたは暴走してるから聞かねーよ。
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
なんでだ?
オット!
………った!
楽しくなってきたぜ!
高城 司
高城 司
(それ言ったらさらに怒るぞ……)
You
You
(………楽しい……?何が楽しいの、、
うちの気持ちも分からないくせに!!!)
You
You
バコンッ!
ボコッ……💥💥💥💥
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
ゥッ…………たんまたんま!
俺の負けだよ!
You
You
バシッ!💥💥💥
👊👊👊💥💥💥
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
負け負け負け負け!
You
You
👊👊💥💥💥
高城 司
高城 司
(しゃーねーなー。)
あなた!!終わりだ!
降参だってよ!
You
You
……………。グスッ……
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
なんで泣いてんだ?
勝ったろ?
高城 司
高城 司
………ここまで来ても分からないか?
楓士雄、お前はずっとあなたを怒らすことしか言ってない。
花岡 楓士雄
花岡 楓士雄
えっ?そうなのか………?
ごめん。
You
You
もういい。轟ちゃんとこ行く………。




あなたが出ていった。





司(眠れる獅子ちゃん)はこうなることはわかっていた。





うちの気持ちをわかってくれる人は………














眠れる獅子ちゃんしか居ないの………?