無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第138話

🦖
👩🏻(うぬ母)『あなたちゃん...どうして...』
(なまえ)
あなた
どうしてって...あなた達の息子に!!
虐められてるからに決まってるじゃないですか(泣)
👨🏻(うぬ父)『うぬ。そじゅん。本当なのか?』
うぬ
うぬ
ッ.........はい、
そじゅん
そじゅん
ほん、とうです.........
👨🏻(うぬ父)『お前らなにやってんだ?!?!』
👨🏻(うぬ父)『あなたちゃんのお父さんがうちの取引先の次期社長なの知ってるだろ?!』
(なまえ)
あなた
あぁ、その件については
(なまえ)
あなた
取引先解消するとのことなので
(なまえ)
あなた
残念ながら倒産ですね
👩🏻(うぬ母)『うそでしょ.........』
(なまえ)
あなた
うぬ。あなた最低なことしたよ、
うぬ
うぬ
お願いします...........!!
あなた...あなたのあっぱにもう1度
言ってくれないか...?!?!
うぬ
うぬ
お願いだ.......あっぱはこのホテルを
1代で築き上げたんだ、潰したくない...
(なまえ)
あなた
知らない。そんなこと。
私が何をしたって言うの?!(泣)
うぬ
うぬ
それは.........
(なまえ)
あなた
結局は2人ともゆじゅが怖かった
だけでしょ?笑
そじゅん
そじゅん
ッ.......
(なまえ)
あなた
もういい。さようなら。
あっぱにはもう伝えるから。
(なまえ)
あなた
おっぱ達中入ろ。
BTS
BTS
う、うん
(なまえ)
あなた
じゃ、
バタン🚪




NEXT