無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

60話 混ぜるな危険
御館様に立て直してもらった屋敷に帰ってドアに手をかけると違和感を感じる





……行くとき鍵閉めたよね?





なんで開いてるの?





私はそっと刀に手をかけながらドアを開ける
煉獄杏寿郎
よもや!!!あなた!帰ったか!

ドアを開けると一番近い部屋から顔をのぞかせた杏寿郎
あなた

…はぁぁぁ、杏寿郎かいな……もう、心臓破裂するかと…

宇髄天元
心臓が破裂!?いいな!派手で!よし!破裂しろ!

なんであんたもいんだよ……
あなた

杏寿郎?天元?どうやってぇ、鍵のかかってた家に入ったのかなぁ?


黒笑いを浮かべながら正座させた2人に少しだけ、ほんの!ほんのすこーしだけ圧をかける
宇髄天元
俺は元忍びだからな!
あなた

関係ないし…雛鶴さん達の元へ帰れや…

煉獄杏寿郎
俺はあなたの作ったサツマイモの料理が食べたかったのだ!!!!
あなた

今からですか…?


勿論だ!と相変わらずどこを見てるかわからない目で即答
あなた

時間掛かりますけど

宇髄天元
派手に待っててやるよ!
あなた

あなたに関してはなんで来たんですか』

宇髄天元
嫁達が早くあなたを嫁にしろっつってんだよ
あなた

なりませんって…


私は腰上まである髪を任務の時同様に高い位置で結んで料理に取り掛かる
あなた

なんで杏寿郎はそんな近くで見てるの?

煉獄杏寿郎
むっ!!相変わらずあなたは美しいな!!

うるさいし耳元だし意味わからないしウルセェ
あなた

はいはい、少し静かにしててくださいね?

煉獄杏寿郎
断る!!!
あなた

なんで!?


理解できそうにないのでほっといてさつまいもを刻む





てゆうか、ね、この人達鬼の住居に居座って柱としてどうなんだろ





まぁ、鬼なのに柱してるうちもどうなんだ←
あなた

できましたよ〜


並べられた料理に目をやるとサツマイモの天ぷら、サツマイモの味噌汁、サツマイモのご飯、とにかくサツマイモづくしなのだ
煉獄杏寿郎
うむ!!うまいうまい!!!!
宇髄天元
相変わらず派手にウメェ!!

うるっさ……この2人はダメだ爆音製造機だったわ





混ぜるな、危険の奴らだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

麦🌾
麦🌾
元亀さん🐢→現在麦🌾 ❤︎とお気に入りしてくれる人だぁいすき!((キモッ 僕があげる作品↓↓↓ 進撃の巨人 文スト おそ松さん 東京喰種 オリジナル ディアラバ free!! 黒バス ハイキュー 夏目友人帳 このくらいかなまぁ、そのうち増えるよ いま、鬼滅の刀見てるからそのうち書き始めるかもね 僕の推し↓↓↓↓↓ UMM(箱推しだけどやっぱもるくんだよね//((殴 リトマス6 リヴァイだけど箱推し おそ松さんは完全な箱推し 描いて欲しいアニメあったらアニメキャラとお話ししたいにいってね♡ ←来るわけねぇだろ 僕の知らない奴なら勉強するためにちょっとの間時間ちょーだいな!w アンチコメは受け付けるけど、応援してくれてる人には何も言わないでね!? どんどんハートしてお気に入りしてフォローしてね!((((がめつ… フォローしてくれたら絶対返すよん! 最後にもう一回言っておくよ! ハートちょーだい💕((((殴殴殴殴
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る