無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話 玉鋼
7日経った今日元いた場所へと戻る





結構いたのに、だいぶ減ったなぁ…





錆兎と義勇は…





周りを見渡そうとすると遮るように言葉が飛んできた





《皆様、ご無事で何よりです…。では皆様の階級をご説明致します、今から配られる紙をご覧下さい》





女の子は手を叩くと周りから沢山の?鴉が飛んでくる





そっと腕を出すと大人しく僕の腕に止まってくれた





可愛い…




鴉の首元や頭を優しく撫でると鴉は気持ち良さそうに頭を擦り寄せてきた





足に巻いてあった紙をほどき中に目を通す





《その鴉は鎹鴉〔かすがいがらす〕簡単に説明しますと連絡用の鴉です。皆様への連絡は鴉で経由致します…。そして、鴉が持っていた紙をご覧下さい》





紙には階級?というものが書かれていた





いっぱいあるんだねぇw





覚えるの大変そうだなとか思っていると女の子は口を開いた





《階級は十段階…甲〔きのえ〕・乙〔きのと〕・丙〔ひのえ〕・丁〔ひのと〕・戊〔つちのえ〕・己〔つちのと〕・庚〔かのえ〕・辛〔かのと〕・壬〔みずのえ〕・癸〔みずのと〕

……今現在皆様は一番下の癸でございます。そして最後に、玉鋼を選んでくださいませ…鬼を滅殺し己の身を守る刀の鋼はご自身で選ぶのです》





ぼーっと聞いていると周りの人が玉鋼を選びに行った





あぶねーなんかうちおいてけぼりだぁw





数個置かれた玉鋼に目を通すと





一個だけ赤黒いでもそこか薄く綺麗な色を放っているものがあった
あなた

これにします

と手に取り女の子に渡した





隊服と刀は後日配られるそうなので帰ろうと階段を降りる





平地に出て家に向かおうとすると





「おい」「あの」





二つの声が足を引き止めさせた





クルッと振り返ると驚いた目で互いを見つめ合う義勇と錆兎が立っていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

麦🌾
麦🌾
元亀さん🐢→現在麦🌾 ❤︎とお気に入りしてくれる人だぁいすき!((キモッ 僕があげる作品↓↓↓ 進撃の巨人 文スト おそ松さん 東京喰種 オリジナル ディアラバ free!! 黒バス ハイキュー 夏目友人帳 このくらいかなまぁ、そのうち増えるよ いま、鬼滅の刀見てるからそのうち書き始めるかもね 僕の推し↓↓↓↓↓ UMM(箱推しだけどやっぱもるくんだよね//((殴 リトマス6 リヴァイだけど箱推し おそ松さんは完全な箱推し 描いて欲しいアニメあったらアニメキャラとお話ししたいにいってね♡ ←来るわけねぇだろ 僕の知らない奴なら勉強するためにちょっとの間時間ちょーだいな!w アンチコメは受け付けるけど、応援してくれてる人には何も言わないでね!? どんどんハートしてお気に入りしてフォローしてね!((((がめつ… フォローしてくれたら絶対返すよん! 最後にもう一回言っておくよ! ハートちょーだい💕((((殴殴殴殴
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る