無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
167
2021/05/10

第1話

初めまして🐥
藤井side

今日もありがたいことに沢山仕事させてもらったんよ。

せやけど、今日はいつも以上に疲れた

『なぁ、淳太ー、なんか買ってきて欲しいもんある?』
淳太
『あー、そこのコンビニ??やったら、
なんか、菓子パン買ってきて欲しいねんけど
7人分な、』
藤井
『ほーい』
まぁ、何気なしにプラプラとコンビニ行くねん

それが俺の疲れた時のルーティン

徒歩1キロのコンビニ行くのが、

俺のちょっとした気分転換なんよ
ピロピロ((入店音
あ、かの有名なセブン○○○○
何がええやろ??

まぁ、淳太とか俺とか濵ちゃんとかは

好みまぁまぁ分かるんやけど

あとのメンバーこだわり強いからなぁ(笑)

何がええかな
まぁ、これでええわ!!って

買って帰ろかなって思ったけど

なんか、コンビニの近くの公園に

今日は寄りたくなったんよな
何気なしに公園をプラプラしてたら
『さっきから、なんか、聞こえんねんな』
声のする方に歩いていったら、
『ヒック、ウンギャーヒック』
赤ん坊??

とりあえず、ダンボールの中を開けてみたんよ
したら、まぁ、予想どうり赤ん坊でした。

どーしよかな、、、

見捨てるのもなんか、嫌やしな、、。
『ウンギャーヒック』
とりあえず泣き止ますか、、
『大丈夫やで〜お兄ちゃんおるからなぁ、。』
そしてらな、

『キャキャ、ニコ』
めっちゃかわええ顔でなこっちに笑ってきたねん
これで、育てないわけないやろ
『よっしゃ、家に帰ろなニコ』
NEXT