無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

#28
いつも通り오빠達にバレないようにリハビリをしていた。
You
You
痛った
松葉杖なしではまだ歩けない…


今日は松葉杖なしで歩く練習。。
休憩しようとソファーに座った
そしたらなぜか頬に涙がこぼれた
そう私は泣いていた、
???
???
大丈夫?
顔を上げると
ジミナが立っていた
ジミン
ジミン
リハビリ見てたよ、、ごめんね辛いのに気づいて上げれなくて
もっと涙が出てきた
その後ろからグク오빠が涙目で
ジョングク
ジョングク
なんで言ってくれなかったの?
って言った
私は迷わず
You
You
오빠達に心配かけたくなかったから…
You
You
ごめんなさい
ジョングク
ジョングク
よしっそうとなったら全力で助けるね!
僕達頑張るから💪💪
You
You
ありがとうございます
次の日から毎日来て励ましてくれた


私の足は奇跡とも言えるくらいの
ずばらしい早さで回復していった。