無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第30話

#30
「ジョングク」





僕は今日デビューコンサートをむかえた





今日のコンサートが終わったらあなたちゃんに楽屋に来てって言った。






楽屋に来て欲しいわけは……………












そう!今日僕は………………












あなたちゃんに告白します!!!
だからドキドキしてコンサートも早く終わった気がした
ジョングク
ジョングク
はぁ緊張する…
You
You
あ!グク오빠!
ジョングク
ジョングク
あ!あなたちゃん!
来た来た
僕は人があまりいない場所にあなたちゃんを呼んだ
ジョングク
ジョングク
こっちこっち
You
You
ん?오빠?
ジョングク
ジョングク
あのね僕、ずっとあなたちゃんに言いたかった事があるんだけど…
You
You
なんですか?
ジョングク
ジョングク
えっと
ジョングク
ジョングク
そのあなたが大好きです!

もし良かったら僕と付き合ってください
あなたちゃんは目を丸くした


驚いたかな?


あれ?顔がくもった…もしかして僕ふられるのかな…
You
You
本気ですか?その告白は?
ジョングク
ジョングク
そうだけど…
You
You
嬉しいです!私もグク오빠のこと好きだから☺️
ジョングク
ジョングク
本当に?!
You
You
私と付き合ってください🙇‍♀️
こうして僕達は恋人なった




グループのみんなが来た
ジン
ジン
やぁージョングガ何してるの?
ゾロゾロとみんな集まってきた
テヒョン
テヒョン
なにその可愛い子
ジョングク
ジョングク
僕の彼女です
みんな驚いた顔をしている
あなたちゃんも照れてる/////


かわいい/////






かわいいすぎて我慢できないよ/////




そうして僕はあなたちゃんの頬にキスをした


これからもよろしくね💕あなたちゃん

ダイスキ🥰🥰












終わり

















作者のチムチムと妖精です!
変な終わり方になってしまいましたがあなたちゃんとグク오빠結ばれて良かったです!最後まで読んでくださりありがとうございました!!
またいつかお会いしましょう!!
では안녕👋👋