無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
96
2021/10/14

第3話

2️⃣
松野
よぉ,あなた!
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
あ,千冬じゃん,
どうしたの~?
松野
実はさ,来週杏奈の誕生日なんだよな,
松野
だから,プレゼント選び…
一緒に来てくんない…?


…は?

千冬と杏奈が付き合っているのは

知っていた.


でもどうして私がいっちばん大嫌いな

天然美人の誕プレなんて選ばないといけないの?



でも,千冬の頼みだしなぁ…,
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
いいよ!
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
杏奈ちゃん喜んで貰えるように
かわいいの選ぼっか!
松野
まじ!!サンキューな!



はぁ…,千冬はきっと私の好意に

気づいていないんだろうな 笑
せっかく可愛くなったのに…


これじゃあ意味,ないじゃん.



そう思いながら,千冬の背中を見送った.



場地
いいのかよ,
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
ん,圭介か,
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
別に~.
どうせ千冬は私に
振り向いてもくれないでしょ 笑
場地
場地
どうせっていうの,辞めた方いいぞ.
場地
あなたは十分努力してきただろぅが,
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
…ありがと.

圭介は小さい頃からの親友.

私が千冬のことを好きなのは圭介しかしらない.
桃瀬(なまえ)
桃瀬あなた
ねぇ,圭介
場地
あ?





          ・
          ・
          ・

場地
…はぁッッ!!?  ///


next