無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

303
2021/10/11

第4話

さん 。











松村「 あなた… 」



金本「 あっ 、樹くぅん ! 」










ぱたぱたと 、子犬のように走ってくる 、金本さん 。



私は 、この人が大っ嫌いだ 。











田中「 美織 、おはよ 」



金本「 おはよ ♡んー !キスしてぇ ? 」



『 ぇ… 』



田中「 いいよ 」



『 ……っ 』










目の前で見せつけられる 、恋人同士のキス 。



胸の痛みと 、悲しさで耐えられなくなった私は 、廊下に出てしゃがみこむ 。










松村「 あなた 、売店行こ 」










そんな私にそっと手を差し伸べてくれたのは 、



やっぱり北斗だった 。




















ー 売店 ー










松村「 好きなの選んでいいよ 、今日は奢るからさ 」



『 …ありがと 』



松村「 …… 」



松村「 あなたは悪役なんかじゃない 」



『 え… 』











心…読まれてるし…










松村「 あなたは 、俺の中のヒロインだ 」










少し耳を赤くしながら 、そう呟いた北斗 。



私が…



北斗の中のヒロイン…?