無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
916
2021/04/11

第6話

「はい、どうぞ」
『お邪魔します!!!』
ひっっっっろ
なんか、北斗っぽい。
黒と白にまとめて、


ワンポイントとしてピンクなどを使ってる
樹「すげぇ!!家が北斗の部屋化してる!!」((
慎「ね!一見シンプルっぽいけど、意外と派手!」
『ほぇ〜、いいねこの感じ。めっちゃ好み』
「そう?笑」
樹「腹減った〜。飯食ってから遊ぼうぜ」
『いいねぇ!北斗作ってー!!』
「はいはい笑」
ーーーーー
『「「いただきまーす!!」」』
「はい召し上がれ〜」
モグモグ………
『うんまっ!?!?』
樹「うめぇ〜!」
慎「北斗、これのレシピ今度送って!超うまい!」
「気に入ってくれたんだったら良かったわ笑」
ーーーー
『「「ご馳走様でしたああー!!!!」」』
「お粗末さまでした〜」
「風呂沸かしといたから入ってきな」
樹「慎太郎ぉー!!一緒にはいろーぜ!!!」
慎「え!?//」
「気にしねえから入ってこい笑」
慎「分かった。……ありがとう、北斗!!」
樹「早く行こーぜ!!」
慎「うん!!」



(短い&きょもほくほぼないっすねすいません()