無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

889
2021/04/05

第5話

、。
松村 side
カラオケで歌いまくった
俺は喉が強くないから、控えめにするべきだったな
というか、京本の歌声が綺麗すぎて、、
高音が、心にストンと入ってくる感じ
聞き惚れちゃってたら
樹「お前聴き惚れすぎだわ笑笑
マジでわかりやすいなあ笑笑」
って言われてイラついたんで1発食らわせた((
樹「しんたろおお、北斗が殴ったあっ」
慎「今回ばかりは樹が悪いよ、笑」
樹「泣いた」
「勝手に泣いてろ」
話していると、京本が隣に来た
『北斗ってもしかして口悪い系??』
「う、、まあ、実は、、」
『あはは笑
実はね?俺もそうなの』
「………確かにぽい。」((
『どういうことだよ笑』
「可愛いけど、男らしそう。
褒め言葉って意味ね笑」
『嬉しがっていいのかな??笑』
「嬉しがっちゃって笑笑」
ーーーーー
京本 side
北斗めっちゃ声いい。歌上手い
しかも歌ってる時の顔よ。イケメン過ぎない?
隠し撮りしてインスタに匂わせ投稿しよ((
バレてないよね、?笑







「そろそろ解散する?」
『ええっ、まだ遊び足りない!!』
優「俺この後予定あんだけど」
ジ「そうそう。俺とお家デート!」
優「言わなくていい!!」
『ええ〜っ!?慎太郎と樹は!?』
慎「俺はなんもない!」
樹「俺も〜」
『北斗は!?』
「ないよ笑」
『じゃあ4人で遊び行こう!!』
樹「俺久しぶりに北斗の家行きた〜い」
慎「いいね!!行こ!俺1年ぶり!」
『俺行ってみたい!!』
「えぇ笑
まあ、、いいよ、笑」
樹「きょもが一緒だと得しかしない!!笑」
『てか親御さんは?大丈夫なの?』
「俺この間から一人暮らししてんだ」
『まじ!?』
樹「てか明日休みやん。泊まらせろ!!笑」
「泊まらせてもらう人の態度じゃねえな」
慎「久しぶりの北斗の手料理だ〜!!」
樹「きょも、北斗料理上手いんだよ!」
「別に上手かねえよ笑
京本なんか好きな物ある?」
『トマト!!!』
「トマト…………分かった。
なんかトマト料理作るよ。」
樹「え、俺らのは!?」
「お前らの好物は昔作ったわ」
慎「我慢しなよ、樹。
きょもは今日初めて行くんだし。ね?」
樹「慎太郎が言うなら、、」
「じゃ、早く行こーぜ。」
『楽しみ!!』
「笑笑」
ふふふ、、お家訪問はBL考えやすいからね、、()
楽しみだなあああ!!!!((
慎「、?」