無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

〜第1話〜
私の名前はなな!!高3で、渋谷で一人暮らしを始めます!!初めての都会だから緊張するな…
今から私のお家を探しに不動産屋へ…

なな「あ、あの〜すみません…家を探してるんですけど…」

店員「あ、はい!わかりました!どうぞ、腰をかけてください!」

なな「ありがとうございます!」

店員「今回はどんなおうちをお探しで?」

なな「一軒家で、広めのお家がいいんですけど…」

店員「なるほど、どこら辺がいいですか?」

なな「あ、ここら辺がいいです」

店員「すみません…ここら辺は一軒家が売れちゃって…でも、シェアハウスならありますよ!広いですし、今住んでいる方が二人いるんですけど、とても優しいですよ?」

なな「あ、じゃあそこでいいです!」

店員「わかりました!多分今日中には家に入れるので、少々お待ちください!」

なな「はい!」

〜あれから5時間〜

プルるるる ぷるる…ぷちっ

なな「はい!」

店員「あ、もしもし、○○不動産の○○です!もうおうちに入れるので、もう1回○○不動産に来て貰えますか?」

なな「あ、わかりました!今向かいます」

店員「わかりました!すみません!では、お気を付けて!」

なな「はい!ありがとございます!」

〜35分後〜

なな「すみません!」

店員「あ、どうぞ、こちらに!こちらが住んでいる方です!」

??・??「どうもっ!スカイピース!イェイ!えっと、右がテオで、左がジンです!」

なな「ど、どうも!」

ジン「これからよろしくね!」

店員「じゃあ、お家に案内してあげてもらってもよろしいですか?」

テオ「あ、全然いいっすよ!つか、任せてください!」

店員「ありがとうございます!じゃあこの方達について行ってください!」

なな「は、はい!」

テオ「よろしくね!名前は?」

なな「ななです!よろしくお願いします!」

テオ「タメ語な!」

ジン「あと、呼び捨てね!」

なな「う、うん!でも、なんて呼べばいい?」

テオ「俺は、テオくんか、テオでいいよ」

ジン「ジンたんか、じむたむか、ジンでいいよ!」

なな「じゃあ…テオくんと、ジンたんで!ニコッ」

テオ・ジン(可愛い…)

テオ「ここだよー!」

ジン「たっだいま〜!」

??「あ、おかえりなさーい!」

??「おっかえりー!って誰!?女!?」

テオ「今日から一緒に住むことになったななちゃんだよ!」

ジン「あ、紹介するね?こっちがたくまで、こっちがみやだよ!」

たくま「よろしくね!僕はこの2人の動画を編集する担当なんだ!よく来るからよろしく!」

みや「よろしく!俺はみやかわ!2人の友達!よく俺も来るからよろしく!呼び方はみやでも、みやかわでも、みやっちでも、みやかわくんでもいいよ!」

なな「よろしくね!!じゃあ、みやって呼んでもいいかな?」

みや「い、いいよ!」(か、可愛い…)

たくま「あ、やばい!時間だから帰るね!!」

皆「ばいばーい!」

ジン「ねーねー!テオくん!動画撮ろうよ!」

テオ「あ、そーだね!そろそろ撮る時間だし!」

なな「動画?なにそれ」

テオ「あぁ、俺たちYouTubeやってんだ!」

なな「え!?!?もしかして…!あの!?!?」

テオ「?」

なな「あ、あのスカイピース!?!?」

テオ「そーだよ!それ以外でスカイピースってあんの!?笑」

なな「な、無いけど、本物!?偽物かと思った…」

テオ「笑笑」

ジン「笑笑偽物だとしたらすげぇー笑笑」

みや「こいつ笑面白い笑あ、俺もやってるから!」

なな「も、もしかして!?あのみやかわくん!?」

みや「おん!そーだよー」

なな「や、や、や、やばい!」

みや「笑笑笑笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☆おなな☆
☆おなな☆
まほっちゃんとサグワとカワグチジンくん推しです💕
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る