第8話

花火の部屋
花火
はい、どうぞ~。
夜空
うわぁ…。
カワイイ部屋…。
花火
よし!泣いていいよ?
夜空
もう泣けないよ…。
夜空
ウ、ウウッ、グスン
花火
ほら、泣きそうじゃん。
いいよ。
そう、ささやいた。
夜空
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!
一旦なきはじめると止まらない。
次々に溢れ出す。
涙と共に、
これまでのつらい思い出も。
そして、花火のベッドがびっしょりになるほどに、私は泣いた。