無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

100人と初対面
オーディションも合格し、今日は最初の収録日。私は最後に出るらしい。YGの次だ。緊張しかないんだけど、、
スタッフ
入ってください!
よし、行くぞ!
ーキムウソクsideー

今回、俺がジニョクと出演することになった、produce x 101。俺たちデビュー組が出ることに賛否両論あるが、最終的に全員に認められるよう、頑張りたい。今日1番のざわめきを見せたYGの練習生も入り、残るはあと1席。
キムウソク
ジニョガ、最後誰だと思う?
イジニョク
うーん、、JYPとか?
キムウソク
やっぱり?ヨジャかな、、
イジニョク
それは想像つかない、、
シーズン1にはソミも出ていたし、今回もJYPが出るのだろうか。そしてモニターに映ったのは、、










bighit
練習生
わぁぁ!!
YG以上のざわめきを見せた。防弾少年団先輩の後輩、、そう考えるとすごい。
イジニョク
これで無条件に男子だな、、
キムウソク
だよな、、
きっと俺らを含め全員が男子だと思っている。ビッヒに女性練習生がいないのは有名な話だからだ。そしてついに、練習生が入ってきた。
イジニョク
どんな人だろ、、ってえ?!
練習生
え?!
会場中で驚いた声が。なんだ?と思い俺も見ると、、
キムウソク
嘘、、だろ?
なんと入ってきたのは女の子だった。
キムウソク
こんな大どんでん返しある、、?
イジニョク
びっくりしすぎたんだけど、、
you
アンニョンハセヨ〜!!
その子はあまり緊張したそぶりを見せず元気に挨拶して席に座った。しかもめちゃめちゃ若そうだしスタイルも顔も良すぎる。
イジニョク
あの子は、、絶対デビューするな
キムウソク
だからね、、
俺はあの子に圧倒された。
ーあなたsideー

私が入った瞬間、ざわめきが大きくなった会場。そりゃそーだ、ビッヒからヨジャなんて、、でも大丈夫!プレッシャーなんかに負けない!
you
アンニョンハセヨ〜!!
私は元気よく挨拶し、席を見渡すと空いていたのは80位。私は1位に挑戦せずそこに座った。隣の席は、、
ハンスンウ
アンニョンハセヨ〜
you
アンニョンハセヨ!
既にVICTONというグループでデビューしているハンスンウ先輩だった。
ハンスンウ
カンあなたちゃんで合ってる?
you
はい、よろしくお願いします!
チェビョンチャン
それにしてもビッヒなんて!すごいなぁ
ハンスンウ
俺ら防弾少年団先輩の曲でパフォーマンスするよ笑笑
you
ほんとですか?!期待してます笑笑
ハンスンウ
頑張る笑笑
その後も年齢やビッヒに入った経緯などを話したり、スンウさんやビョンチャンさんの話を聞いていたりした。人見知りだからありがたかった笑笑
そして次は国民プロデューサー代表の発表。
ハンスンウ
誰になるかな、、
you
IU先輩とか?
チェビョンチャン
あぁ〜確かにあり得るね!
視線が入り口に集中する中出てきたのは、、










なんとイドンウクさんだった。
練習生
わぁぁ!!
you
え?!男性?!
ハンスンウ
今回色々すごいね、、
てかめちゃくちゃにイケメン笑笑
そしてトレーナーの先生がいらっしゃった。少し怖い雰囲気だけど、それぞれのプロだから見てもらえるのが嬉しい。
これから事務所別評価が始まる。私は最後。全部最後やん笑笑。頑張ろう!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

재스링 ジェスリン 🐰
재스링 ジェスリン 🐰
けーぽ全般的に愛してます お話投稿してからの校閲結構多いので注意です コメ返100% GOT7:マク、ジェク X1:ウソク、スンヨン、ミニ PRODUCE X 101:ウソク、ジニョク、プッティ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る