無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

アッパの、、、
さて、第二回順位発表式が終わり、少しの間休める日が続いたある日、、、
キムウソク
よし、準備出来たね?
you
もちろん!
さて、何の準備かと言いますと、、アッパのセンイルパーティーの準備です!アッパの誕生日はポジション評価の練習中で、当日には「おめでとう」しか言えなかったけど、今日はしっかり祝います!ということで、オンマとジヌで、予定が合うと言ってくれた、ヨハンオッパ、ヒョンジュンオッパ、ウンビオンニ、スンウオッパ、ミンギュオッパ、碧オンニ、スンヨンオッパに集まってもらった。
チョスンヨン
じゃああなた、行ってらっしゃい!
you
行ってきまーす!
私は何をするのかと言いますと、アッパを襲撃し(?)、目隠しをさせてこの部屋まで連れて連れてくるというミッション笑笑。
you
どこにいんのかな〜、、部屋にいなかったし練習室か?
と思い探すと、、
you
(小声)あ、いた
アッパは움직여の振り付けを練習していた。アッパって、いつもはおちゃらけ(?)だけど、練習の時はちょー真剣で、カッコいいんだよね、、本人には絶対に言わないけど笑笑
そして私はタイミングを見計らい、部屋に突入した。
you
アッパぁぁぁあ!!!!
イジニョク
え?!なになになに?!?!
そりゃ驚くだろう、だって急に部屋に突入されて何も説明がなく目隠しされるんだから笑笑
you
いい?これからぜっったい、私が良いっていうまで目隠し取らないでね?
イジニョク
分かった、分かったから、笑笑
ということで無事部屋の中まで連れてきました。あとは目隠しを取るだけ!
you
じゃあ、取っていいよ!
ージニョクさんsideー
一人で練習していたところを、あなたに襲撃され笑笑、突然目隠しをされ、ある部屋まで連れてこられた。そして、、
you
じゃあ、取っていいよ!
そう言われて目隠しを取ると、、
練習生
생일 축하합니다 〜誕生日おめでとう
생일 축하합니다 〜誕生日おめでとう
사랑하는 우리 진혁아〜愛する私たちのジニョク
생일 축하합니다 〜!誕生日おめでとう

ふぅ〜!!
そこには、俺と特に仲良くしてくれている練習生たちが。
キムウソク
ジニョガ〜!!
練習生
センイルチュッカヘ〜!!
この時点で俺はもう泣きそうだった。
イジニョク
俺、、今年は誕生日祝ってもらえないかと思った〜😭
you
そんなわけないじゃん!日付は違くても、ちゃんとお祝いしたかったの!
チョスンヨン
ほら、ロウソク消して!
絶対に、俺や俺と仲良くしてくれているヒョンやチングがデビュー出来ますように。俺はそう心の中で唱え、ロウソクを消した。
キムヨハン
じゃあケーキ食べよ〜!!
練習生
イェーイ!!
ということで、みんなでケーキを食べている最中、
you
アッパ、
隣にいるあなたが声をかけた。
イジニョク
ん?
you
これ、プレゼント!
そう言って渡してくれたのは、、シンプルだけど機能性のある、黒の時計だった。
イジニョク
え!あなた、これ自分で買ってくれたの?
you
もちろん!ちなみにオンマとジヌと私とおそろだよ!
よく見ると、ウソガは白、ヘナミは青、そしてあなたはピンクの同じシリーズの時計をつけていた。
you
時計だったら、寝る時とシャワーする時以外は、練習とかでもつけれるでしょ?だから丁度いいかな?って!
キムウソク
ちなみに俺とあなたとジヌで相談したんだよ〜!
イジヌ
そうそう!これでヘナミ家でお揃いのものが出来た〜!
イジニョク
もう、、本当に、、3人と出会えて良かった〜😭
you
ほら泣かないの!笑笑
キムウソク
俺たちもお前と会えて良かったよ!
イジヌ
アッパ、サランへ〜!
このプログラムに参加している、全ての練習生と、出会えてよかったと思うが、中でもあなた、ウソガ、ヘナミとは、本当に出会えて良かったと心から思っている。絶対、同じ道を歩まなきゃ!今日は最高の1日でした!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

재스링 ジェスリン 🐰
재스링 ジェスリン 🐰
けーぽ全般的に愛してます お話投稿してからの校閲結構多いので注意です コメ返100% GOT7:マク、ジェク X1:ウソク、スンヨン、ミニ PRODUCE X 101:ウソク、ジニョク、プッティ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る