無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

絶対に舞台から降りません。
ーあなたsideー
代表ニム
カンあなた練習生は本番を控えています。そんな中でそのような発言はやめてください。
観客
あなた!こんな言葉気にしないで!
観客
私たちはあなたの天使の歌声が聴きたい!!
キムウソク
あなた、大丈夫?
キムミンギュ
あなた、、聞こえてる?
代表が私をかばってくださったり、他の国プの方が応援してくれたり、オッパやジヌが私に声をかけてくれている。でも、今の私には何も聞こえなかった。
you
、、大丈夫だよ
聞こえるか聞こえないかぐらいの声でオッパ達に向けた言葉。そして私はその人に向かってそう言った。
you
私はこの期間、自分で言うのもなんですが、本当に一生懸命に練習に取り組んできました。私をよく思っていらっしゃらない方からのコメントがある中、舞台に立つのは、本当に怖かったです。あなたがおっしゃった通り、舞台を降りる、というのは賢い選択かもしれません。しかし、こうやって私の出番を待ってくださっている国民プロデューサーの方が1人でもいる中で舞台を降りるというのは、待ってくださった方に、失礼だと思います。そして私自身、この曲を歌って、皆さんに届けたいものがあり、それを届けられるように努力してきました。その努力、私は決して無駄にしたくありません。なので、申し訳ないですが、私は絶対に舞台から降りません。
炎上してもいい、人気が下がってもいい。それでもこの想いは、絶対に知っていて欲しかった。そう思った私は、こう話した。すると、
キムウソク
僕達はチームとして、この期間頑張ってきました。ライバルでもありますが、それ以前に仲間なんです。そんな大切な仲間に、傷つく言葉を発する前に、僕たちのパフォーマンスを見て、それは言うべきことなのか、考えてみてくださったら嬉しいです。
オンマがこう言ってくれた。そして、、
観客
あなたヤ!歌楽しみにしてる!
観客
あなたの歌を待ってる人は沢山いるよ!
you
こうやって、私を待ってくださる方がいらっしゃるので、もう一度言いますが、絶対ステージから降りません。
代表ニム
批判的なコメントもある中で、今日のために一生懸命準備したカンあなた練習生も含め、나의 사춘기에게を披露する練習生は準備して下さい。
代表のその言葉で、私達は準備に入った。
キムミンギュ
あなたは強いね、泣かないなんて
イジヌ
僕だったら絶対泣いてる
you
私、絶対涙を武器にしてデビューしたくないの。だからこの番組に出るって決めた時、最後の最後まで絶対泣かないって決めたんだ。
キムウソク
やっぱあなた凄いな〜俺が中3の時、そんな考え出来なかったと思う
you
そんなことないよ笑笑。ほら、雰囲気ちょっと重いから明るくしよ!
나의 사춘기에게
나의 사춘기에게〜、ファイティン!!!
そして、本番が始まった。私が歌っている間に大声を出す人はいなく、逆にオンマとハモるシャウトの部分では、歓声を上げてくださった。全員大きなミスもなく、終わることができた。
代表ニム
それでは最後のアピールの時間をとります。
その言葉で、オンマが話し始めようとした、、けど
キムウソク
、、、っ、、、
オンマは泣き始めてしまった。この悲しい歌詞と、自分の経験が当てはまったのだろう。私達は、オンマの背中をさすった。
キムウソク
プログラムをしながら、国プの前では泣かないようにしてたんですけど、歌がとても悲しいですね、、
キムウソク
よくついて来てくれたチームにありがたいです。そして、、、
オンマは私の方を見て、
キムウソク
あなた、俺から近づくせいで、あなたに嫌な思いさせちゃって、ごめんね、、、
オンマ、、そんなこと考えてたの、、私はオンマに向かって、これでもかと言うほど頭を横にふった。
そして、全員が話終わり、私達は順位発表の場所に移った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

재스링 ジェスリン 🐰
재스링 ジェスリン 🐰
けーぽ全般的に愛してます お話投稿してからの校閲結構多いので注意です コメ返100% GOT7:マク、ジェク X1:ウソク、スンヨン、ミニ PRODUCE X 101:ウソク、ジニョク、プッティ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る