無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

私のコンセプト評価曲は、、、
全ての曲が発表されて、これからは各自どの曲になるかというのが発表される。
代表ニム
名前を呼ばれた練習生は前に来て、この紙を受け取ってください。この紙には部屋番号が書いてあるので、その部屋に行ってください。12人全員が揃ったら何の曲かを確認してください。
練習生
うわー!!
中に誰がいるか分かんないってこと?緊張、、、
代表ニム
それでは始めます。
そして数人が呼ばれた後、、
代表ニム
カンあなた練習生、前へどうぞ。
練習生
ふぅ〜!!
代表ニム
この曲になりたいなどありますか?
you
国プの皆さんが選んでくださったので、なんでも嬉しいのですが、まあU GOT IT かな〜と、、
代表ニム
おぉ〜大人ですね笑
練習生
笑笑
代表ニム
それでは移動してください。
書いてあったのは、、、ラ。
you
いってきまーす!!
そう言って移動し、ドアを開けると、、、
キムヨハン
わあ〜あなた〜!!
you
お!ヨハンオッパ!
中にいたのはヨハンオッパのみ。
you
これは、、?
キムヨハン
可能性あるよね笑笑
そこでヨハンオッパがある提案をした。
キムヨハン
次来る人にさ、ドッキリしない?
you
お〜!良いよ!
ということで、ドアから死角になるところに私たちは隠れた。すると、ドアが開いた音がした。
キムウソク
、、誰もいないんですか?
あ、オンマの声だ。よし、驚かすぞ〜と意気込み、、
you &キムヨハン
(小声)せーの、
you &キムヨハン
わ!!
キムウソク
わ!!ビックリした!!!
そう言ってオンマは崩れ落ちた笑笑
you &キムヨハン
成功〜笑笑
キムウソク
あぁぁぁ😭
オンマ軽く泣いてる笑笑
you
そんなにビックリした?笑笑
キムウソク
するわ!!笑笑
キムヨハン
でもこれで3人揃った〜!
キムウソク
これは期待!
その後、ユビンオッパ、ドヒョン、ウンサンオッパ、ヒョプオッパ、スンウオッパ、プッティオッパ、ジュノオッパ、マヒロオッパ、ウンビオンニがやって来た。
(人数の関係上、ピークさんとチェ・ジュンソンは入れませんでした、、、ご了承ください。)
you
これは絶対そうですよ!
ハンスンウ
みんな考えてるの一緒だと思う笑笑
そしてついに、紙をめくると、、、そこには
U GOT IT とあった。
U GOT IT
イェーーーイ!!!
キムウソク
やっぱり〜!
you
オンマ、3回目よろしくね笑笑
キムウソク
そーだな笑笑
そして、リーダーはスンウオッパ、センター候補は投票の結果、オンマとウンビオンニになった。
そして練習が始まり、今日はダンスの授業がある。
トレーナー
センターはどうやって決めたの?
ハンスンウ
投票で決めました
トレーナー
うーーん、、なんで投票がそんなに好きなの?やってみたいって人いる?
その場に沈黙が訪れた。私は、、チャンスに感じた。
you & イウンサン
私(僕)やってみたいです
トレーナー
おーけーじゃあウンサンからやってみるか
ということで、ウンサンオッパがセンターで踊った。
トレーナー
ウンサナ!とても良かったよ
イウンサン
ありがとうございます
ウンサンオッパ嬉しそう笑笑
トレーナー
じゃああなたやってみるか
私は女だという事を感じさせないほどセクシーな表情で踊った。
トレーナー
あなた、
私は異常なほど緊張した。
トレーナー
本当はマンネじゃないだろ笑笑
U GOT IT
笑笑
トレーナー
それぐらいセクシーでこの曲に合ってた
you
ありがとうございます
私は笑顔が抑えられなかった。正直、まだセンターをやりたい気持ちがある。第二回で絶対残ってこの曲のセンターをする、と強く思った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

재스링 ジェスリン 🐰
재스링 ジェスリン 🐰
けーぽ全般的に愛してます お話投稿してからの校閲結構多いので注意です コメ返100% セブチちゃん:ハニ(クパン) ヨチンちゃん:シンビ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る