無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

最後の評価のセンターは、、
ー作者よりー

突然ですが、第3話を少し校閲させていただきました!もう少し内容が濃くなっているので是非見直してみてください!
ー時が戻り、、ー
ダンスの練習の映像が終わり、私たち少年美はもうすぐ本番だ。
you
あぁぁ、、緊張する、、
キムウソク
失敗は許されないもんね、、
イジニョク
でも全力尽くして3人でデビューしよ!
you
うん!
そして、舞台の上では、センター決めの様子がもうすぐ発表されるようだった。
代表ニム
それでは、最初の評価、少年美から公開したいと思います!
観客
キャァァァア!
黄色い歓声が上がる中、映像が流れ始めた。(またまた時戻ります)
ーセンター投票ー
ダンスのレッスンが終わり、黒い部屋に集まりました。
you
なんか事情徴収の部屋みたい笑笑
キムウソク
だからね笑笑
ソンユビン
ナムドヒョン!お前はあのとき何をしていた!
ナムドヒョン
、、、(真顔)
you
ナ無ドヒョンだ笑笑
少年美
爆笑😂
みんな爆笑してる笑笑。そんな面白かったか?笑笑
ソンユビン
真面目に考えるとセンター決めっぽいよね、、
クジョンモ
緊張するな、、
事前に録画したセンター映像評価を11人分私たちが直接見て、そして投票する。私は今までの努力を全て出し切った。
イジニョク
少年美に合うセンターは各自の基準があると思うんだけど、、
ソンドンピョ
舞台に上でのセンス?が重要だと思います
キムウソク
人々を惑わす魅力が必要だと思う
イジニョク
それじゃあよく見て考えてほしい
そして一番最初に映ったのは、、
you
だぁぁぁぁ
私だった。なぜよりによって最初、、笑笑
イジニョク
あなた笑笑
カンミニ
今崩壊してたけど笑笑
そして評価が始まった。
ソンドンピョ
なんかセンターに立った時の安定感があると思います
ハムウォンジン
センターになった時のイメージがつきやすいと思います
だんだん恥ずかしくなってきた笑笑
イジニョク
あなた照れ始めた笑笑
キムウソク
可愛い!笑
you
あぁぁチンチャ、、笑
そして10人のオッパたちの映像も全て見終わった。
ハムウォンジン
みんなそうだけど最後の舞台だからセンターになりたいのも事実だし最後の機会だと思っています
you
この最後の舞台でセンターをしてデビューするために今まで頑張ってきたので、絶対にセンターになりたいです
一人ずつ思いをこのように語った後、ついに投票をすることになった。
you
うわぁ、、難しいな、、
結果私が選んだのは、、
you
歌が上手くて、ダンスも上手く、安定した実力をセンターで存分に発揮してもらいたいと思い、、ユビンオッパを選びました。
オッパたちみんな上手い中で何かを感じたのはユビンオッパだったから、私は投票した。
そして全員が投票し終わり、ついについにセンターを発表する時間。
スタッフ
少年美、最初のセンター候補は、、
頼む、、名前が上がってくれ、、
スタッフ
music works、ソンユビン練習生
少年美
おぉぉ!!
ソンユビン
本当に?わぁぁ、、でも候補に上がっただけでも凄いことだと思います
そして二人目の候補を発表する時。
スタッフ
少年美、二人目のセンター候補は、、
呼ばれなきゃ、、
スタッフ
bighitエンターテイメント、カンあなた練習生
少年美
わぁぁぁ!
嬉しすぎて跳ねてます笑笑
イジニョク
一回座って笑笑
you
笑笑。でもこうやって候補にさせていただいた分、センターをして、有終の美を飾りたいです
そしてこれから最終センターが発表される。
スタッフ
少年美最終センターは、、
ソンドンピョ
僕が緊張する
スタッフ
〇〇〇〇〇〇練習生です
少年美
わぁぁぁ!!
さて、、誰になったかはお楽しみに!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

재스링 ジェスリン 🐰
재스링 ジェスリン 🐰
けーぽ全般的に愛してます お話投稿してからの校閲結構多いので注意です コメ返100% GOT7:マク、ジェク X1:ウソク、スンヨン、ミニ PRODUCE X 101:ウソク、ジニョク、プッティ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る