無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

141
2021/05/05

第2話

待ちくたびれた(鶴崎さん)
鶴崎さんとあなたは付き合っています。

あなたside

鶴ちゃんを家に呼んだんだけど、かまちょモードに入っちゃったみたい。
鶴崎修功
鶴崎修功
あなた〜〜構ってよ〜〜
(名前)
(名前)
ちょっとまって!宿題やってんのー!
(名前)
(名前)
てかここ教えてよー!!
鶴崎修功
鶴崎修功
やぁだぁ!!あなたに構うのが先なの!!
今私宿題やってるのに、鶴ちゃん邪魔ばっかり。

後で構ってあげるから教えてよ~~(泣)
(名前)
(名前)
早く終わって羨ましぃわ。もう。((ボソッ
鶴崎修功
鶴崎修功
まぁだぁ〜??
(名前)
(名前)
あと5分!ね!待てる??お願い!!
鶴崎修功
鶴崎修功
しょうがないなぁ〜
鶴崎修功
鶴崎修功
はやくしてよ?
(名前)
(名前)
急ぐから!!
5分後___。
(名前)
(名前)
終わった!!!
鶴崎修功
鶴崎修功
ほんと!?やった〜!!
これであなたに構える!!
(名前)
(名前)
ごめんね、待たせちゃって。
鶴崎修功
鶴崎修功
あなた、僕もう待ちくたびれたよー
鶴崎修功
鶴崎修功
あなたを食べちゃっていーぃ?(うるうるの目で上目遣い)
(名前)
(名前)
えっ…?
鶴崎修功
鶴崎修功
こんだけ僕を待たせたんだから、
鶴崎修功
鶴崎修功
どうなるかわかってるよね((ボソッ
(名前)
(名前)
……//(コクッ)
この先は…ね?((