無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

大松原高校転校生(祐也目線)
今井先生
今井先生
あっ!そうだ!今日は俺忙しいから…
お?今日の説教はチャラになるのかな?
祐也
祐也
教室行っていいですか!?
今井先生
今井先生
いや…後藤先生の所に行きなさい
なんでよりにもよって口うるさい後藤先生の所へ行かなきゃいけないんだぁ…
今井先生
今井先生
後藤先生は 時間に厳しい先生だからな
それじゃ ちゃんと行くんだぞ?
祐也
祐也
…はぁい…
そう言って先生は急いで校舎の中に行ってしまった
モブ(野良喰種・モブ生徒・モブ先生など)
モブ(野良喰種・モブ生徒・モブ先生など)
社会人になったら遅刻とかしたらクビになったりもするんだ
だから今から習慣づけないと!
祐也
祐也
…はぁい…
しばらくして ようやく説教が終わり教室に戻る許可を貰った
祐也
祐也
はぁ〜…寝坊気をつけろって言ったって…夜に行動しなきゃ行けないんだし…寝る時間も確保出来ないからしょうがないっての…
よく慶兄は毎朝きっちり起きれるよね…
ぶつくさ言いながら曲がり道を曲がると…男の子が走ってきたので思いっきりぶつかってしまった
祐也
祐也
痛てぇ…
成亮
成亮
…いたい…
男の子はおでこを摩っていた
うちの学校の制服を着ているが…先輩とか同級生でこの子の事を見たことが無い
って事は…転校生?
成亮
成亮
……大丈…夫ですか…?
ごめ…んなさい…
人見知りなのか消えかかりそうな声でそう言い
俺を起こしてくれる…

その時に…微かにいい匂いがした…
食欲を唆られる匂い…
祐也
祐也
あっ…あの……
成亮
成亮
…どうしました?
…転校生かを聞こうとしてるだけなのに…手が震えて…上手く喋れない…
戸惑っている内に
今井先生
今井先生
増田〜!
今からクラス行って紹介するから行くぞ〜
成亮
成亮
あっ…はい…
それじゃ…失礼します
彼は一礼をして先生の跡をついて行った…

先生が説教できなかったのはこれが理由か…

俺が教室に向かうと……
今井先生
今井先生
はーい!転校生がこのクラスにやって来ました〜!
と先生が話していた
俺はこっそり教室に入り 席に座った…
成亮
成亮
…増田…成亮です
……よろしく…お願いします!
俺と同じクラスだったんだ…
成亮…か…
今井先生
今井先生
加藤は……小山の隣に座ってくれ
成亮
成亮
はい
今井先生
今井先生
小山〜あんましウザ絡みすんなよ?
祐也
祐也
しませんよ!
口ではそう言っているけど…正直不安でしかない