無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

始まり
私は、何があっても防弾少年団の皆さんを守ると決めた。

何故かって?




人生の幸せと言うものを教えてくれたから,,



まあ、この話はまた今度!

それでは、私の日常をご覧あれ(о´∀`о)




短くてごめんね(._.)