無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31
『...何が、目的?』


私がそう言うと、勝ち誇ったように笑う3人。


松村「俺たちの仲間になれ。」


















...は?



















『な、何言ってるの?』

松村「俺たちはずっと須賀原優希を探してた。だから、仲間になれ。」


『私は須賀原優希じゃないって...!』

西畑「もう、ええやろ。その嘘。バレとるんやし。」

道枝「そうっすよ。もう、認めて俺たちの仲間になりましょ?」



何でこの人たちは、こんな余裕そうにしてられるの...。