無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19
須賀原優希に最近来た依頼。

それは、

" ジャニーズを殺してほしい "

だってことが最近わかった。

なら、自分のターゲットが殺られればきっと焦る。

きっと、怒ってしまう。

殺し屋はそういう生き物だ。

自分のターゲットは自分が最後まで殺る。

他の奴に取られるなんてことは、1番嫌う。

だから俺は、彼女に彼女が今1番嫌うことをしてやろうと思った。



















『ごめんな、久保。...でも、仕方ないことなんだよな...。』

『デビュー、したかったろうに...。』


俺は、寝ている久保廉の体に何度もナイフを刺した。

近いうちにやってくる彼女を殺る日を想像しながら。

さぁ、君は自分のターゲットが知らないところで殺られてたってことを知ったら、どんな反応をする?

俺に、見せてよ。

その焦る姿を。

その怒りに満ちた姿を。