無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
松村「ね、花園さんってさ、須賀原優希って人、知ってる?」


松村さんのこの質問を聞いた瞬間、飲み物を準備している私の手が止まった。


『須賀原さんって、あの、殺し屋の?』

松村「そう。最近さ、ジャニーズ事務所に所属してる人ばっかり殺されてるじゃん?」

『怖い、ですよね...。』

松村「俺ね、これは須賀原優希の仕業だと思うんだよね...。」

『あぁ~、そっか、そうですよね...。』

松村「ね、須賀原優希について何か知ってることある?」

『え?...いえ、何も...。』

松村「ふーん...ね、俺さ、須賀原優希が誰か知ってるって言ったら、どう思う?」

『...っ!?』

松村「どうしたの?」

『いえ、見たこと、あるんですね(笑)驚いてしまって、私は見たことないから...(笑)』

松村「教えてあげよっか?須賀原優希さんのこと。」

『え...?』

松村「花園さん、あんただろ?」