無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
「「あなた!!」」



朝、事務所に着くとものすごい勢いで回りに来るジャニーズさんたち。



『おぉ...どうしたの?』

織山「深田が...死んだって...。」

『え、深田くんが...?』

浮所「...うん...。」



皆して、唇噛み締めて俯いて...。

ヤバイ...

























笑いそう(笑)





『でも、何で深田君が?』

織山「...分からない。」



ま、依頼が来たからで。

殺したのは私で。

貴方たちも直ぐに殺してあげるんだけどね?(笑)




『とにかく、気を付けよ?怪しい人には絶対近づかないで、あんまり個人で行動しないように...。』