無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
「「うわ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙!!」」



次はどうやって殺ろうかな?って考えてたら、どこかから男の人の叫び声が聞こえた。



?「嶺亜!嶺亜!!」

?「誰か!救急車!!」




あぁ、嶺亜さん、飲んだんだ(笑)

じゃ、一演技やっときますか...!




『どうしたんですか!?』

佐々木「あなた!嶺亜が!!」

『え...。』

菅田「あなた、救急車呼べる!?」

『あ、はい!』




バカじゃないの(笑)

もう、死んでるでしょ?(笑)

救急車呼んでも意味無いって。



『あと、5分くらいで着くそうです!』

矢花「ありがと。」

『いえ...何で、こんなことに?』

矢花「分かんない。急だったから...。」

『そう、なんですね...。心配です...。』




そんなことを話してたら、救急車が到着して、嶺亜さんは病院に運ばれた。

そして、嶺亜さんはもう、死んでいたと告げられた。