無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

28
『道枝くん...?』

道枝「お久しぶりです、花園さん。」


松村さんと一緒。

笑ってるはずなのに、目の奥は笑ってない。


松村「もう、終わったの?」

道枝「はい、やっぱり、つまんないですね。何も知らない人を殺るのって。」

『え...?』

松村「あれ、まだ気づかない?」

松村「久保廉とか、その他のJr.たちとかを殺ってたの俺たちなんだけど。」


嘘、だ...。


道枝「信じられないって顔してますけど、ホントですよ?(笑)今だって、5人くらいまとめて殺ってきましたし(笑)」

松村「あんたもそろそろ、教えてくれても良いんじゃないの?ね?須賀原優希さん。」


言わない。

絶対に。

だって、言ったら...。


『違うって言ってますよね?』

























私の人生が終わる...。