無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5
佐久間side


「なあみなみ」


「なーに?」



「俺さ、どうすればいいかな?」



「あなたちゃんがどこで働いてるかは知ってるんでしょ?」



「うん、でも今どこにいるかわからない......」




「あなたちゃん、きっとそんなに遠くに行ってないと思うよ?」



「え?」



何を言っているのかわからない。遠くに行ってない?一体どういうことだ?





「だってあなたちゃん指輪持ってったんでしょ?彼女はきっと、大ちゃんに見つけて欲しいと思ってるはずだよ。」



「なるほどな...........」








「でもね、すぐに行くのはダメ、」





「え?なんで?????」




「一度別れたんだったら、意味のある再会じゃなくっちゃ!」



わかるようでわからない............



やっぱり女心って難しいな..........





「みなみさん、力を貸してください!」




「よし!やるぞーーーー!」






何故か楽しそうなみなみを眺める。みなみ、俺は何年経ってもお前が好きだ。その気持ちは大事に胸にしまっておくから。









あなた、沢山傷つけてゴメン。まだ俺を待っていてくれる...............?