無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

#17
佐久間side

翔太の友達とあなたの関係は気になるが....


みなみとも約束したんだから、諦めるわけにはいかない。


だから今日も俺はあなたに会いに行く。




また人が少ない時間に店に行った。


「あ、」


なにか言いたげなあなたと目が合う。



「すいません、モンブランとアイスコーヒー下さい」



何事もないように注文してしまった。今日こそは話かけるって決めてるのに.......


店内のイートインスペースに座り、ケーキを待っているとあなたがアイスコーヒーを運んできた。


テーブルに伸びたあなたの左手を反射的に掴む。そこには見覚えのある...確かに俺との婚約指輪がはめられていた。



「あ...」


「..........」


「あのさっ!」


「はい....?」


「連絡先って...」


「変わってないです」


「そっか、、、ありがとうございます」



たどたどしい会話に歯がゆさを覚える。



少し急いでケーキを食べ、店を出る。




今日はしっかりと「またお越しくださいませ」という声が聞こえた。




あなた......俺はまた期待してもいいですか?